MENU

市販頭痛薬おすすめをランキング形式で紹介

 

おすすめ頭痛薬

頻繁に頭痛に悩まされ、おすすめの市販の頭痛薬を飲んでも最初は効いたが段々
効果が無くなってきた。。。

 

頭痛薬が効かない。。。

 

病院で診察をしても、特定の原因が分かる分けでもなく、市販の頭痛薬と同様の薬を処方された。

 

この頭痛は何かの病気の前兆かもしれない?

 

などと悩んでいる人に、実際に市販の頭痛薬を飲んで色々悩んでいる人にアンケートを取り、
おすすめの市販頭痛薬や頭痛解消方法、副作用が無いサプリメントの最新情報を紹介します

 

備考>頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

>>偏頭痛におすすめの市販薬はこちら

 

 

市販頭痛薬の副作用

おすすめ頭痛薬

市販頭痛薬には主に解熱鎮痛成分としてアスピリンやイブプロフェン、エテンザミドなどが使用され、
さらに生薬成分や鎮痛催眠成分が配合されます。

 

単一の成分で構成されている飲み薬があれば、生薬などを一緒に配合して、複数の成分で鎮痛作用をもたらすものも存在します。

 

しかし、そのどれもが頭痛の原因を引き起こすプロスタグランジンと呼ばれる物質の働きを阻害するもので、
生成を減少させることで痛みを取り除くようになっています

 

しかし、プロスタグランジンは胃の粘液の分泌にも関わっていて、生成が抑制されると胃酸から胃壁を守るための粘液が減少することで
胃痛や吐き気、嘔吐といった胃腸障害を引き起こす原因ともなります。

 

慢性的な症状を解消するために、一過性の服用をしていれば問題ありませんが、延々と続く頭痛を抑えるために
頭痛薬の服用を継続していると粘液の分泌が抑えられ、胃壁を荒らした結果、胃炎や胃潰瘍といった頭痛薬による
副作用に発展することにもなるので注意しなくてはいけません。

 

そのため、大抵の市販の頭痛薬は胃に負担の少ない食後が一般的で、頭痛薬の添付文書にも記載されていますが、
市販の頭痛薬は一週間以上で継続して服用しないことが注意されています

 

市販の頭痛薬では基本的に胃腸障害が有名ですが、その他にもめまい、発疹、皮膚のかゆみ、喘息などがあり、
加えて頭痛を治すための薬であるにも関わらず、逆に頭痛を酷くさせてしまうこともあります。

 

また、一部の市販の頭痛薬には覚醒作用のある成分が含まれていて、薬効による眠気を飛ばす代わりに不眠が起こりやすく、
寝不足による頭痛が引き起こされるといった問題もあります。

 

市販品の頭痛薬なので重篤な副作用のリスクは極端に低いですが、ごく稀に肝機能障害腎障害が起こることもあるので、
体に異変を感じたら頭痛薬の服用を中止して医師に相談するようにしましょう

 

また、頭痛薬が体質的に合わずショック症状を起こすこともあるので、
他の薬剤で同じようにショック症状を起こした経験のある人は注意が必要です。

 

参考:頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

頭痛が治らない、頭痛薬が効かない時に考えられる病気

おすすめ頭痛薬

日本人の3人に1人は頭痛に悩まされていると言われていますが、一口に頭痛といっても、さまざまな原因が潜んでいます。

 

多くの場合、市販のおすすめ頭痛薬を服用すれば改善されますが、市販のおすすめ頭痛薬を飲んでも治らない、効かないという
ケースもあります。

 

そういった場合には、他に考えられる原因はないかを考える必要があります。

 

なかなか治らない頭痛は、眼精疲労やストレス、脳内の疾病が考えられるため、
早急に頭痛外来を受診する方がよいでしょう、

 

前頭部だけではなく後頭部にも痛みを感じる場合には、緊張型頭痛が考えられます。

 

これは頭痛の中でももっとも多い頭痛で、デスクワークや屈んだ姿勢などの同じ姿勢を長時間続けている場合、
起こりやすく、同じ姿勢を続けることで、肩や頸部の緊張が高まって頭痛を引き起こしてしまいます。

 

風邪と勘違いしやすいこともあり、慢性的な緊張型頭痛を引き起こす場合もあります。
このタイプの頭痛には、血流をよくするために、湯船に浸かって血行をよくすることが大事です。また、ラジオ体操などの左右対称に使う運動なども効果があり、首や肩だけでなく、全身の筋肉をバランスよく動かすことが大事です。

 

前頭部以外にも、こめかみや目の奥が痛む場合には、偏頭痛の可能性があります。こめかみを中心にへげしい痛みを感じ、時には吐き気を伴うこともある頭痛で、日常生活に支障をきたす可能性もあります。女性に多いタイプの頭痛で、30代〜40代の女性の5人に1人が偏頭痛持ちといいうほど多く、光や音、臭いの刺激に敏感になり、ひどくなるとめまいを起こすこともあります。

 

偏頭痛は、脳内の血管が何らかの刺激で収縮し、急激に元に戻ろうとすることで神経を刺激したり、炎症を起こすことで発症します。まだはっきりとした原因は解明されていませんが、ストレスやアルコール、ホルモンバランスの乱れなどによって起こると考えられています

 

偏頭痛の対処法は、冷やすことが大事です。血管の拡張が原因となりますから、冷たいタオルや保冷剤などで首の後ろの血管を冷やすと、痛みの軽減に役立ちます。

 

口コミ(頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!)

 

市販頭痛薬比較

おすすめ頭痛薬

頭痛薬は薬局に行くとたくさん販売されています。

 

たくさんありすぎて、おすすめが分からず頭痛薬のどれを選べばいいのか分からない方も多いと思います。

 

そんな薬局によく置いてあるおすすめ頭痛薬を、一つずつ説明していきます

 

おすすめ市販頭痛薬の中では効き目が強いのはロキソニンSまたはロキソニンSプレミアムです。第1類医薬品であり、15歳以上しか服用できません。ロキソプロフェンナトリウム水和物が痛みの原因をすばやく抑え、すぐれた鎮痛効果を発揮します。

 

また病院などで処方される頭痛薬であるロキソニンは一緒に胃薬を出されることが多いですが、おすすめ市販薬の頭痛薬であるロキソニンSやロキソニンSプレミアムには胃への負担が少ないプロドラッグ製剤になっており胃に優しいです。眠くなる成分も含まず、使いやすいです

 

おすすめ市販頭痛薬であるロキソニンSとロキソニンSプレミアムの違いは、ロキソニンSプレミアムにはロキソプロフェンナトリウム水和物に加えアリルイソプロピルアセチル尿素といった鎮痛成分を含んでおりより強い鎮痛効果があります。鎮痛効果が強くなった分、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムという胃の保護成分も含んでおり胃を守ります。

 

次におすすめ市販頭痛薬である、バファリンですが、バファリンはアスピリンの効果により痛みの増強物質プロスタグランジンの生成を抑制し痛みを抑えます。合成ヒドロタルサイトという成分を含み、アスピリンを早く溶かすことにより早く効果が出るようになっていす。

 

その効果により胃粘膜への刺激が少なくなり、胃への負担も軽減出来ます。バファリンには子供用や小中学生用の頭痛薬も販売されており、種類によっては15歳未満でも服用できます

 

おすすめ市販頭痛薬であるノーシンは胃への負担が少ないタイプの頭痛薬になります。胃への影響がないアセトアミノフェンという鎮痛成分を含みます。他にもイブプロフェンという鎮痛成分を含みます。アスピリンなどに比べ作用は弱く、持続時間も短めです。しかしアセトアミノフェンとイブプロフェンの相乗効果により、頭痛にはやくよく効くように出来ています。眠くなる成分は含んでおらず、15歳以上から服用出来る頭痛薬です。

 

おすすめ市販頭痛薬であるナロン錠は8歳以上から服用できる頭痛薬です。アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬が配合されていないので、胃への負担も少ないです。眠気があらわれることがあるので、その点は使用に注意が必要です。

 

おすすめ市販頭痛薬であるタイレノールは空腹時でも服用出来る頭痛薬です。胃ではほとんど作用せず、小腸で吸収されます。その為、小腸に早く達するので早く効くといった効果もあります。眠くなる成分も含まれていないため、副作用の少ない頭痛薬です

 

おすすめ市販頭痛薬であるセデスはエテンザミドという鎮痛成分を含みます。エテンザミドは比較的胃への負担は少ない成分であり、他の鎮痛成分もアセトアミノフェンであり副作用が少ない成分のみで出来ています。妊娠中でも病院で処方されることがあるくらい、副作用は少ないです。しかし眠くなる成分を含みます。

 

おすすめ市販頭痛薬であるエキセドリンはアスピリンとアセトアミノフェンを配合した頭痛薬です。アスピリンの強い鎮痛効果とアセトアミノフェンの胃に優しい鎮痛成分によりバランスのとれた効果があり、眠くなる成分も含まれていないので使いやすい鎮痛剤です。

 

PR☆頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

おすすめ頭痛薬

頭痛をはじめ、痛みはとてもいやなものです。

 

頭痛持ちの多い日本人に痛みを速く鎮痛できるおすすめで人気の6選の頭痛薬の効果、特徴について紹介します

 

おすすめ市販頭痛薬、イブA錠は頭痛のほか歯痛、関節痛、筋肉痛、生理痛など様々な痛みや解熱に効果があります。主成分のイブプロフェンの効果のでるメカニズムは、痛みの原因のブロスタグランジンという物質の生成を抑えるため効果があらわれます。

 

イブプロフェンの他にアリルソプロピルアセチル尿素、無水カフェインの3種類が配合されています。
服用して効果があらわれる1~2時間ほどかかり、効き目の持続時間は約3~6時間です。服用後は軽い眠気と脱力感があります。一回2錠で一日3回まで服用できます。

 

おすすめ市販頭痛薬、ナロンエースは主成分にイブプロフェンを用いてブロモバレリル尿素、エテンザミド、無水カフェインが配合されています。イブプロフェンとエテンザミドのダブルブロックで、比較的に効果の強い市販頭痛薬です。

 

ブロモバレリル尿素は、鎮痛効果を助ける働きと気分を落ち着かせる特徴があります。
効果は頭痛の他生理痛、歯痛、筋肉痛、咽喉痛、神経痛などの鎮痛効果と悪寒時の解熱にも効果があります。

 

おすすめ市販頭痛薬、ナロンエースは、一度の服用で30分程度で効果があらわれます。しかしナロンエースは眠気けっこう強く依存性の高い市販頭痛薬のため習慣化になりやすい問題があります。一回の服用は2錠で一日3回まで服用できます。

 

おすすめ市販頭痛薬、リングルアイビージェルは有効成分はやはりイブプロフェンでこの成分のみの市販頭痛薬で、カフェインや補助成分は含まれていません。そのため眠気、依存性、副作用の少ない点が特徴です。シンプルな市販頭痛薬のため頭痛とともに、生理痛風邪の熱冷ましにも使用できます。

 

またジェルカプセルのため吸収がはやく、即効性があって速い効果を求める時に最適で眠気成分は含まれていません。緑色の頭痛薬で合成着色料が気がかりですが、現在まで発ガン性は確認されていません

 

おすすめ市販頭痛薬、チルカカプレットもイブプロフェンのみの市販頭痛薬です。イブプロフェンの作用はアスピリンより強いとされていて即効性が特徴です。痛みとともに解熱効果、腫れをとる働きがあります。即効性のある市販頭痛薬ですが、なれると効き目が薄れることもあります。

 

おすすめ市販頭痛薬、サリドンはイソプロピルアンチピリンとイブプロフェンの2つの成分で、飲みやすいタブレットタイプの市販の頭痛薬です。解熱鎮痛成分のイソプロピルアンチピリンとイブプロフェンのダブル効果で、痛みのもとを素早くとります。エテンザミドも配合で一回1錠ですぐれた効果を発揮しますが、眠気の成分は含まれていません。

 

おすすめ市販頭痛薬、セデス・ハイはイソプロピルアンチピリンの鎮痛作用の強い成分を配合しているため、痛みの強い時に有効です。セデスは生理痛をはじめ痛みに非常に強い市販頭痛薬です

 

イソプロピルアンチピリンはピリン系と呼ばれ、副作用にピリン疹がでる場合がありますので、アレルギーの方は要注意です。セデスは15歳未満の方は服用できません

 

評判*頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

市販頭痛薬に含まれる成分

おすすめ頭痛薬

市販の頭痛薬に含まれている成分は、主に6つです

 

それぞれの成分が単体で販売されているという物もありますが、多くの場合はこれら6つの成分を組み合わせて作っています。

 

また、中には鎮痛成分が2種類含まれている物もあります。

 

まず、医療用医薬品にも含まれている成分として知られているのがロキソプロフェンナトリウムです。
これは片頭痛生理痛等に効果を発揮するもので、他の成分に比べると比較的その効き目が強いというのが特徴です。

 

消化管から早く吸収される事、さらに従来の非ステロイド消炎鎮痛剤に比べると消化管障害が少ない成分です。

 

以前から多くの市販頭痛薬で使用されているのがアスピリンです。
ピリンと言う言葉が入っているためピリン系だと思われがちですが、実際には非ピリン系です。

 

頭痛や歯痛に効果を発揮するものですが、胃に負担を掛けてしまう事がある為、胃痛を起こす可能性があります。

 

また一般的な成分として有名なものとしては、アセトアミノフェンも有ります。
アスピリンは15歳以下の使用はできませんが、アセトアミノフェンは子どもから利用する事が出来ます。他の成分に比べると胃腸に対する負担が少ないというのも大きな特徴です。

 

胃への負担と言う点から行くと、イブプロフェンも良く利用されています。
ただこの成分は15歳未満には使用する事が出来ませんが、消炎鎮痛作用には優れています

 

ピリン系の頭痛薬に利用されているのがイソプロピルアンチピリンです。
非ピリンの薬に比べると効果が高く、抜糸後の痛み等にも効果が期待出来ますが、薬品にアレルギーがある場合は利用する事が出来ません

 

エテンザミドもアスピリンと同様に小児でも利用する事が出来る成分です。
また、アスピリンに比べると胃腸への負担が少ないというのが大きな特徴です。

 

リンク=頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

頭痛が治らない時に病気か否かを自分で確認する方法

おすすめ頭痛薬

誰でも頭痛になることがあります。ストレスや睡眠不足などで簡単に頭痛になってしまいます。

 

考え事が多くても悩みや不安があっても、度が過ぎてしまうと頭痛になります。

 

またデスクワークなど同じ姿勢を続けていると肩や首の筋肉が固まっています、血流が悪くなることでも頭痛になります。

 

とても身近なものです。多くは一時的なもので寝ることやストレッチやぬるめのお風呂に入ることでも改善できます。血行不良や筋肉の緊張を改善することで痛みを和らげることができます。それでは治らないものに片頭痛などがあります

 

若い女性に多く朝起きた時や授業中などに起こり大変な思いをすることもあります。子供たちは頭痛薬を嫌うことがありずっとつらい症状を我慢して過ごしている人も多いです。これは痛い部分を冷やしたり光や音を遮り静かにしていることで改善していきます

 

頭痛といっても運動や温めたりして血流をよくすることでよくなったり、逆効果になってしまうこともあるので専門医に相談することがいい方法です。

 

たいていの頭痛は我慢したり、頭痛薬で改善する人が多いです。しかし危険な頭痛もあるので気を付けなければなりません。慢性的な頭痛、いわゆる頭痛持ちの人は自分なりに対処の仕方があるかもしれません。

 

しかし危険な頭痛は決して自分なりの解決法を試さないでください。危険な頭痛の特徴は強烈な痛みが発生します。普段感じたことがないような痛みが出ます。吐き気や嘔吐があると危険です。さらに危険な状態はろれつが回らなくなったりまひのある部分が出ます。

 

これらはクモ膜下出血や脳梗塞などで起こる症状です。絶対安静が必要で動かないでください。周囲の人に救急車を呼んでもらいましょう。すぐにです。数分単位の勝負となります。早く治療ができれば元気に回復できます。

 

時間が長くなればなるほどまひが残ったり、死亡することもあります。強烈な痛み、嘔吐、まひ、ろれつが回らないことが出たらすぐに救急車です

 

重要!頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

頭痛薬は飲み続けると効かないというのは本当?

おすすめ頭痛薬

薬を服用し続けると徐々に体がその薬に慣れて行ってしまう、つまり耐性が出来てしまう為に効き目が弱くなって行きます

 

そのため、頭痛薬の場合も飲み続けると以前は効果を感じていた頭痛薬も効きが弱くなったと感じてしまう事があります。

 

また、その場合に通常よりもより沢山頭痛薬を飲めば効果を感じるだろうと言って頭痛薬の服用量を増やしてしまう人もいますが、頭痛薬の量を増やしてしまうと副作用が出やすくなる可能性があります。

 

また頭痛薬は市販の薬も有るので頭が痛い時に手軽に利用する事が出来るイメージがありますが、頭痛薬を使い過ぎる事によって鎮痛効果のある成分に体が慣れてしまう為、手術時の麻酔が効きにくくなるという事も有る為、頭痛薬を安易に増量してしまうのは良くありません

 

ただ、1日に3回まで、さらに2週間以内の服用であれば頭痛薬を定期的に利用しても問題は有りません。例えば生理痛の場合も頭痛薬を利用する事がありますが、生理自体は大体1週間程度で、頭痛薬が必要となるのも数日程度と言う事になる為毎月生理の時に頭痛薬を服用しても耐性がついてしまって効きにくくなるという事はまず有りません

 

しかし、人によっては頭が痛くなるとすぐに頭痛薬を飲んでしまうという事も有ります。
また少し痛いだけで頭痛薬を飲んでしまうとか、なかなかスッキリしないからと言って頭痛薬を2週間以上継続して飲んでしまう事も有りますが、

 

頭痛薬を2週間飲んでも良くならない場合は自分に合っていない頭痛薬を飲んでいるのか、それともその頭痛の原因が何らかの疾病の可能性もある為、自己判断で頭痛薬を増量したり変更して継続摂取しない様にします。頭痛薬を利用する場合は、医師や薬剤師等に相談して、正しく服用します

 

また継続して頭痛薬を利用すると胃壁に負担を掛けて胃腸障害を起こしてしまう可能性もあります。
さらに頭痛薬が原因となって頭痛を引き起こしてしまう事も有るので、頭痛薬に耐性が出来てしまうという事だけでなく体への影響を考えても頭痛薬の長期的な継続利用はしない様にします

 

有名商品〜頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

頭痛の原因

おすすめ頭痛薬

頭痛には大きく分けると病気ではないけれど慢性的に頭が痛くなる場合と、脳などに異常がある病気が原因というように分類することができます。

 

病気の場合には頭痛薬など市販の薬では対処することが難しいケースが多いので、早急に病院で診てもらう必要があります

 

慢性的な頭痛の場合には、市販頭痛薬を利用すれば症状を抑えることができることも多く、原因を改善することができれば予防することもできることがあります。

 

慢性頭痛にもいくつかの種類があって、その中でも多いのが緊張型頭痛です。頭痛持ちの大半が緊張型だといわれていて、毎日のように頭痛が起きるのが特徴です。付きの大半で頭痛が起こることが多いのですが、頭痛薬を服用するとすぐに症状が治まるのも緊張型の頭痛の特徴といえるでしょう。

 

緊張型頭痛は、頭が締め付けられているような痛みがあり、圧迫感重い感じが長時間続きます。頭全体が痛くなるのですが、特に後頭部の付近が痛くなることが多ければ緊張型の頭痛だと思ってもよいかもしれません。頭痛だけでなく首や肩コリがひどくなって痛みを感じたり、目の奥が痛くなるといった症状も出ることがあります。

 

原因は筋肉が緊張した状態が続いていることからくると考えられます。首や肩、背中や頭の筋肉が何らかの原因で緊張してしまい、こり固まってしまうと血行が悪くなってしまい、脳に十分に血液が届かなくなるので頭が痛くなってしまうのです。

 

筋肉がこり固まってしまう原因として考えられるのは、猫背など姿勢が悪く筋肉に負担をかけてしまっている状態が通常になっている場合や、骨盤や背骨など骨が歪んでしまうことなどが考えられます。

 

その他にも噛み合わせが悪い場合や目の疲れなども緊張型頭痛の原因になります。またストレスが多い生活をしているとストレスから頭が痛くなることがあります。

 

頭が痛くなってしまった時の対処法としては、頭痛薬の服用などが効果的です。しかし筋肉をほぐしてあげるなど原因を根本から改善してあげないと、慢性的に頭痛が続いてしまう可能性があります。

 

筋肉をほぐすには、こり固まってしまう前にストレッチをしてあげたり、マッサージをしてあげると頭痛の頻度をさげる効果が期待です。その他にも枕の高さを調節してあげるなど、首や肩に負担のかからない生活をすると改善する可能性があります。

 

もしも痛みの症状がある場合には、肩や首などを温めてあげると血液の流れがよくなるので、症状を緩和する効果が期待できるでしょう

 

注意・頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

頭痛の種類

おすすめ頭痛薬

15歳以上の現代日本人の多くが悩まされているという頭痛ですが、様々な原因の頭痛があるといわれています。

 

大きく分けると病気などではないのに繰り返し起こる頭痛(一次性頭痛)病気が原因であらわれる頭痛(二次性頭痛)の2種類になります。

 

二次性頭痛はクモ膜下出血や脳腫瘍など危険な病気が関わっていることが多く、この場合市販の頭痛薬はほとんど効果はありません

 

突然激しい頭痛に襲われたり、激しい嘔吐、高熱・手足の麻痺やしびれ・痙攣などを伴う頭痛が起きた時はすぐに病院へ行く必要があります

 

(このような場合、稀に痛みは続いても体を動かせたり、意識がはっきりしている方もいるようですが、体が動くからといって自身での車の運転での移動などは絶対避けて家族の付き添いや救急車・タクシーなどを利用するようにしましょう。)

 

 

一次性頭痛は首や頭部の緊張や血管の拡張などによりズキズキと痛むといった症状に悩まされることが多いようです。

 

さらに一次性頭痛をタイプ別で分けると、

 

・パソコンやスマートフォン・目を使う細かな作業の後に肩や首のこりを伴う症状の「緊張型偏頭痛
女性に多くストレスや疲労により起こる「偏頭痛
・目をえぐられるような痛みで症状が出始めると1から2ヶ月ほど毎日同じ時間に頭痛が現れる「群発頭痛
・その他色々なタイプが混ざって現れる「混合タイプ」があります。

 

 

緊張型偏頭痛の対処方法は首周りの筋肉のこりを解消すると痛みが軽減されるので、蒸しタオルなどのアイテムでの温めや適度な運動やストレッチで血のめぐりをよくすることが推奨されています。

 

偏頭痛はこめかみの部分を抑えて一旦血流を阻害したり、静かな部屋でこめかみを冷やしながら休むことが有効とされています。目をつぶりそのまま15分ほどの軽い休憩をとることも良いようです。

 

群発頭痛は痛みが激しく長く続く為、仕事や生活に支障がでる場合もありますので、早めに専門医への相談をおすすめします。また普段から規則正しい生活や禁酒や禁煙など生活習慣の見直しをする事も症状を軽くする方法のひとつです。

 

このような頭痛は市販の頭痛薬や対処方法でかなり軽減できるものと言われています。
近年では仕事中もプライベートでもほぼ24時間パソコンやスマートフォンを無意識に使用している事が多く、体に無理をさせすぎな方も多いようです。

 

生活習慣の見直しをしながら、上手に市販頭痛薬を使用し、それでも改善が見られない場合はなにか別の病気が隠れている可能性もありますので、専門医の診察を受けましょう

 

宣伝:頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

梅雨の時期に頭痛の人が増える理由

おすすめ頭痛薬

雨が多く、じめじめとしたこの時期、何故か頭痛が多くなることはないでしょうか。実はこの梅雨の時期に頭痛の人が増えるのは理由があります。

 

頭痛にもいろいろと種類がありますが、多くの人が抱えるのは片頭痛です。片頭痛は気圧の変化に影響を受けやすく、特に梅雨や台風など低気圧が大きく影響します

 

人間の脳内では精神的、肉体的ストレスを受けると神経伝達物質のセロトニンが大量放出され脳の血管が収縮し血流が悪くなります。セロトニンが出尽くして代謝されると、その後は逆に反動で血管が膨らみます

 

するとその周りの三叉神経が圧迫され、その刺激により脳の圧迫が起こり片頭痛を引き起こします。つまりセロトニンの分泌量は片頭痛に大いに関係があるのですが、低気圧はそのセロトニンの分泌量に大いに関係します。

 

そこで片頭痛を和らげるために市販の頭痛薬を使用される方も多いでしょう。代表的なものはロキソニンなどの比較的安全性が高く、効き目も良い、医療用ではよく使われている解熱鎮痛剤です。

 

しかしながら市販頭痛薬の成分には多かれ少なかれ副作用の成分も含まれており、一般的に空腹時には服用しないなどの使用上の注意が必要なものが多いので注意しなければいけません。

 

またいくら偏頭痛がひどいからと言って、頭痛薬を毎日服用することも脳過敏症候群につながる可能性がある為、避けなければなりません。使用し続けることで慢性頭痛の原因となるからです

 

片頭痛の起こりやすくなるこの時期、少しでもそれを和らげるために、早寝早起きなど生活リズムを乱さないように気を付けたり、不摂生な食生活を見直したりすることはとても大事です。

 

また、仕事上パソコンなどの同じ姿勢での長時間作業により、筋肉が緊張して頭痛につながる緊張型頭痛もあるため、たまに軽くストレッチを挟み血行を良くするよう努めるなど、細かい部分も大切になります。

 

ただ症状は人それぞれであり、頭痛薬などを使用しても余りにも改善しない時は、速やかに医師に相談した方がよいでしょう

 

CMで有名#頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

頭痛薬が効かない時に考えられる理由

おすすめ頭痛薬

頭痛を感じた場合、頭痛薬を服用しますが、頭痛薬が効かないことがあります。

 

片頭痛の場合、頭痛薬の飲むタイミングを逃してしまうと十分に効き目が現れず、痛みを長い間感じることがありますが、片頭痛でない場合は、病気が隠れている可能性があります。

 

頭痛薬が効かない場合、脳の病気を疑います
くも膜下出血の場合、後頭部が殴られたような激しく強い痛みを生じます。なんとなく頭が痛いと思っていたら、急に痛みが強くなり、吐き気意識がなくなることがあります。

 

このような場合、脳の血管が破裂してしまうことで起こっているので、頭痛薬を飲んでも効き目はありません

 

髄膜炎や脳炎が原因の場合も頭痛が伴います。子供がかかることが多いですが、高熱と共にずきんずきんとした痛みが生じます。インフルエンザウイルスに感染した、など他の病気と一緒に現れることが多いです。

 

この他、ストレス心理的なことが原因で頭痛薬が効かないことがあります。頭が激しく痛いことから、脳に何か起きているのではないか、と感じノイローゼのような状態になった時には、頭が痛くても頭痛薬の効果は得られません。頭の痛みを改善するには、心療内科での治療が大切となります。

 

一番多い、頭痛薬が効かない病気には群発頭痛があげられます。
群発頭痛は、片頭痛と似ていますが、痛みが激しく、目がえぐられるような激痛が起こります。長い場合は3時間ほど続き、同じような時間帯に起こるのが特徴です。男性に多い頭痛なので、症状が出たときは医療機関を受診する方が良いでしょう

 

また、頭痛薬が効かない理由としては、鎮痛剤の飲み過ぎによる薬物乱用頭痛になっている可能性があります。薬物乱用頭痛は、頭痛薬を多く飲み過ぎたことによって発症します。

 

10日以上頭痛薬を飲んでいる、朝起きた時から頭痛がする、頭痛薬を飲んでも効かない、月に15回以上頭痛がある、といった症状があります。脳が痛みに敏感になり、さらに頭痛が起きやすくなるので、頭痛薬は適量を飲むように心がけます。

 

注目です!頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

自分にあった頭痛薬の見つけ方

おすすめ頭痛薬

病院へ行くほどではないけど時々頭痛に悩まされるという方は、市販の頭痛薬で痛みを落ちつけるようにしましょう。頭痛にも様々な原因や症状があります

 

多くに見られるのが、肩こりや首のまわりの緊張、頭部の血管拡張により起こると考えられています。

 

こうしたタイプは一次性頭痛といわれ、誰もが年齢問わずに発症するタイプの頭痛です。ストレスや仕事の緊張状態から起きてしまうこともあります。

 

頭痛薬の選び方は、自分の体質や体に合ったものをおすすめします。以前飲んで効果がないと感じられた頭痛薬は除いたほうが無難です。また、市販の頭痛薬では即効性の高いものから効き目のマイルドなものもあります。

 

アスピリン系は胃に負担がかかりやすいので、胃の弱いかたは注意が必要となります。また、エテンザミノやアセトアミノフェンが配合されているものは、アスピリンよりも効果が出やすいと感じる方も多いようです。こちらも飲みすぎなければ比較的安全とされています。

 

しかし、比較的安全に作られたり即効性があったりしても体質による個人差がありますので、頭痛薬によっては眠気や吐き気などの副作用が出てしまう場合もあります。

 

もし迷ったら、まずは薬剤師に相談してみましょう。症状を言えばプロ視点で速やかにあったものを提案してくれます。そして注意点としては頭痛薬を毎日飲むのはやめることです

 

頭痛薬を毎日飲むことによって依存性を誘発しかえって頭痛の症状を悪化させてしまうこともありますので、痛みが慢性的に続くようであれば神経や首や肩の筋肉をほぐしたり、ストレッチやマッサージなどで血行をよくし、改善させていくというアプローチをとっていきましょう。

 

蒸しタオルを首に数分あてるだけでもだいぶほぐれていきます。また、日々リラックスタイムを心がけることで頭痛も起きにくくなります。

 

頭痛薬は自分にあったものが見つかるまでは大変ですが、あってしまえば長く付き合い続けることのできる存在となりますので、ゆっくり探していきましょう

 

おすすめ:頭痛薬を比較紹介・おすすめの市販頭痛薬は?市販の頭痛薬おすすめランキング!痛みに効果の高いおすすめできる市販頭痛薬をご紹介!

 

 

市販頭痛薬で効き目早く依存性の少ないのは?

 

余りに頭痛がひどい、すぐに効果がでいる頭痛薬が欲しい、でも効き目が早くて効果があるのを
飲むのは依存性が高くなるのでは?という心配を頭痛持ちの方なら誰しも持つと思います。

 

過去に何度も頭痛薬を服用している方は、その依存性を気にした方が良いのですが、
余り頭痛薬を飲んだ事が無い方で、今現在、頭痛がひどい方は、まだ依存性などは気にせずに
頭痛薬を飲むことをおすすめします。

 

何度も飲んで、その時、頭痛は解消されるけど、すぐにまた頭痛が始まり薬に頼る、、、、
このスパイラルが定期的に続く(数か月)様であり、病院などで特定の病気と診断されないので
あれば、依存性を気にして、薬の常用は避ける様にしましょう。

 

病院の診療でも解決されないのであれば、漢方やサプリメントなどの副作用が無い物を飲むことで
頭痛を根本的に改善することも可能です。