頭痛薬おすすめランキング|偏頭痛に効かない市販薬や副作用の最新情報も公開

MENU

市販頭痛薬の効きが悪い原因と理由|考えられる病気

頭痛薬を飲んでいても、その痛みによっては頭痛薬が効かない場合があります。
その一つが群発頭痛です。

 

この痛みの原因ははっきりと分かっておらず、さらに市販薬の多くが効きにくいという特徴があります。
また、くも膜下出血が原因となって痛みを感じている場合も薬が効きません。

 

くも膜下出血は脳の動脈瘤が破裂してしまう事によって血だるまが出来てしまう物ですが、
脳の機能に障害が出てしまう為、後頭部に強い痛みを感じますが薬を飲んでも効果を感じる事は有りません。

 

また神経性の痛みを感じている時も薬の効果を感じにくくなります。
特に自分の症状について心配してしまったりすると、それが原因で痛みが強くなる事も有ります。
またただ痛みを感じていますが実際には頭痛は発生していない事も有る為、薬を服用した賭しても効果を感じられません。

 

頭痛薬と言うのは頭が痛い時に飲む薬ですが、脳の機能に障害が起きている場合や、ウィルス感染をしている時等はどうしても薬の効果を感じにくくなります。
服用してもなかなか良くならない、効果を感じないという時はもしかしたら脳に何らかの機能障害が起きている可能性がある為、直ぐに病院に行って診てもらいます。

 

また、その人の頭痛の種類によって薬が合う・合わないというのが有ります。
頭が痛い場合はどの部位が痛かったとしても、またどういった痛みで、何が原因となっていたとしても頭痛と言う風にまとめられますが、それぞれの症状・原因によって効果を発揮するタイプ等が違います。
またその人の体質によっても効きやすいタイプとそうではないタイプに分かれる為、どの人も同じものを服用して同じ効果が期待できるわけではありません。
そうした個人差等も、頭痛薬が効かない理由の一つです。
ただこの場合は利用する薬を変えるとずっと感じていた頭の痛みを解消する事も出来る為、ある程度の回数飲んでも効果を感じられない場合は症状・体質に合った薬をに変える事で効果を感じられる事も有ります。

 

治らない頭痛で考えられる病気

 

現在日本で、成人の4人に1人は頭痛を抱えているとされています。
ですが頭痛の専門医も少なく、大半の方が薬(解熱鎮痛剤)を飲みやり過ごしてしまうことが多いのです。
しかし、薬を飲んでも頭痛が収まらない場合には、他に考えられる理由がないか探ってみるのも大切です。
何か他の病気が隠れているかもしれません。

 

考えられる病気としてよく耳にするものと言えばくも膜下出血です。
人間の脳は外側から、硬膜・くも膜・軟膜というふうに3枚の膜で覆われていますが、この3枚のうちくも膜と軟膜の間の脳脊髄液がある部分で出血を起こすことによりくも膜下出血となります。
くも膜下出血の特徴としてあげられるのが、突然の激しい頭痛とその継続。
頭痛の始まりが何時何分何秒と言い表せる程明確なのも特徴です。
酷い出血が起きた場合すぐに意識がなくなり、最悪病院に着くまでに亡くなってしまうケースもあります。

 

次に脳腫瘍。
脳腫瘍は、グリオーマという悪性腫瘍が脳に浸み込むように成長し周りの正常な脳との境目が曖昧になるために治療が難しいとされます。
この病気の特徴として朝起きた時に頭痛が起きることや突発的な吐き気がありますが、脳腫瘍ができる部位によっても症状が異なっているようです。
脳腫瘍には髄膜腫や下垂体腫瘍などがありますが、このどれもが頭蓋骨内に腫瘍を作り内部を圧迫することから頭痛が起こります。
めまいや吐き気、言葉が出にくくなる等の症状がある場合は脳腫瘍を疑ったほうが良いでしょう。

 

他に、強く頭をぶつけたなどの場合に起こりうる慢性硬膜下血腫があります。
頭を強くぶつけるなどの衝撃で硬膜下に出血を起こすことがあるのですが、通常は自然に吸収され消えていきます。
この吸収が追い付かない場合に起こるのが慢性硬膜下血腫であり、頭痛などの症状を引き起こし始めるのです。
特徴にとして片手足の痺れ、痴呆症状などがあり、特にお年寄りやお酒を多量に飲む方などに起こりやすい病気だとされています。
この病気は比較的簡単な手術で済むケースが多いため、思い当たることがある場合にはこの病気を疑ったほうが良いでしょう。

 

 

治らない頭痛で病気かどうか自分で確認する方法

 

頭の痛みは「治してないから治らない」といわれている痛みです。
そのため頭の痛みが治らないなら、病院の受診をおすすめされるのは当然といえます。これにはちゃんとした理由があり、頭の痛みは危険な病気のサインである可能性が高いからです。そもそも、頭の痛みが病気であるかどうかを自分で確かめる絶対的な方法はありません。なので治らない場合は病院へ行って診察してもらうことが治療への近道です。
しかし金銭的な理由など様々な事情で病院を頼りたくない方はいるかもしれません。
そんな方は「薬を飲んでいるから大丈夫」と安心しているかもしれませんが、薬はあくまで一時的に症状を抑えるもの。根本的な解決にはなりません。
逆にいえば、根本的な解決になる手段を用いればそれが治るか治らないか判断できます。
「病気であるかどうか自分で確かめる絶対的な方法はない」と先述しましたが、これは考えられる対処法を行なっても治らないという場合のみです。つまり、頭の痛みに対する対処法を行うことこそが自分で確認する方法ということになります。
主な対処法として挙げられるのは、まず湯船につかったりマッサージをしたり血流を良くすること。これは「緊張型頭痛」の対処法です。緊張型頭痛は長時間同じ姿勢でいることで血流が悪くなって引き起こされるものなので、血流を良くすれば自然と症状が改善されます。
とはいえ、もしも「偏頭痛」だった場合は温めることは逆効果です。
何故なら偏頭痛の対処法は頭を冷やす事が対処法であり、その原因は血管の拡張によって引き起こされているからです。そのため血管を収縮させることが適切な処置となります。ただし冷やし過ぎれば逆に痛くなる可能性もあるので要注意です。
他にもストレスによって引き起こされる痛みには睡眠と休息を、薬による副作用なら薬を控えること、眼精疲労から頭痛が起こることなら目を休ませることなどの対処法がすすめられます。
以上の対処法を行なっても治らない時こそ「病気の可能性がある」と判断できるといえます。

 

脳卒中とは

脳卒中とは脳の病気で突然に倒れることで、正式には脳血管障害といいます。ガン・心臓病と並んで日本人に多い死因の一つです。脳卒中には、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血があり、発症すると即手当てをしないと手遅れになる恐れがある怖い病気です。かつては死因の一位でしたが、減塩の普及効果や高血圧治療の結果、最悪の死に至ることは少なくなりましたが、寝たきりになったり半身不随などの障害が残ってしまうこともある病気です。血管が詰まることで起こる脳梗塞で、血管が破れて脳内に流れ出てしまうのが脳出血・くも膜下出血です。体の中でも多くの血液と酸素を消費する脳は、血管が詰まったり破れたりすることで、血液や酸素が届かなくなった部分の脳細胞は死滅してしまいます。体の機能をつかさどることができなくなったことで、右脳であれば左半身に、左脳であれば右半身に麻痺が残り、他には呂律が回らないなどの言語障害も発生します。近年、減塩・血圧治療効果で、脳出血・くも膜下出血は減少してきましたが、コレステロール値の高い欧米化の食事が増えたおかげで、脳梗塞は年々増えています。脳梗塞は、動脈硬化が原因で血管が硬くなり内壁に血栓などが溜まり詰まってしまうことが原因で、心臓病などのリスクも増えます。症状は、頭痛や手足のしびれ、ものが二重に見えたり呂律が回らなくなったり、吐き気などです。一刻を争うこともありますので、救急に電話をし症状を伝えて判断を仰ぐようにしましょう。脳卒中を予防するには、動脈硬化を防ぐことがポイントです。高血圧症・高脂血症・糖尿病・喫煙が動脈硬化を加速する要因となりますので、これらを改善する必要があります。食習慣は急には変えられませんので、若い頃から減塩を心がけた食生活をし、血圧管理と適度な運動を心がけましょう。日頃から健康診断を心がけ、血圧の高い方やコレステロール値の高い方は、病院での治療を受けることをオススメします。

 

 

脳梗塞とは

 

脳梗塞は、脳の血管に血栓ができる、または、別の場所から血栓が流れてくることにより、脳内の血管が詰まりその閉塞部分より先の血流が止まってしまう病気です。脳の血流が止まってしまうので、閉塞部分より先の細胞が死んでしまいます。主な症状は、片方がマヒする、意識障害、言語障害等があります。また、バランス感覚が悪くなり、常に同じ方向に体勢などが傾いてしまう事があります。脳梗塞には、その原因から大きく分けて、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳梗塞、ラグナ脳梗塞の3種類に分けることができます。アテローム血栓性脳梗塞は、脳の手前の動脈でできた血栓が流れて脳内で詰まってしまうことで起きる脳梗塞です。心原性脳梗塞は、心房細動や心筋梗塞などでできた血栓が脳内の血管まで流れ、そこで引き起こす脳梗塞です。ラグナ脳梗塞は、脳内の奥で血栓が生じ詰まってしまうことで生じる脳梗塞です。
日本人の死因は、1位がん、2位心疾患、3位肺炎、4位脳卒中とされています。4位の脳卒中は、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血をまとめたものです。かつては、発症すると3分の1の人が亡くなり、同程度の人に後遺症が残りました。ですが、現在では亡くなる人は10%程度になりました。一般的には、高齢の方に多いとされており、特に高血圧や心疾患のある人は注意が必要です。また、若い人も発症しています。若い人が発症した場合は若年性脳梗塞といいますが、前兆現象として頭痛を脳梗塞発症前に起こしていることがあります。偏頭痛を持っている人は、若いうちから脳梗塞になりやすいとされています。
脳梗塞の治療には、血栓を溶かす薬や脳を保護する薬などを用います。発症から治療開始までの時間が短ければ短いほど、救命率や治療後、後遺症が小さくなる確率が上がります。しかし、緊急性が高い場合には手術を行う場合もあります。また、治療後には、リハビリを行って低下した身体機能の回復を目指します。脳梗塞は如何に早く見つけ如何に早く治療するかが大事です。したがって、普段から脳梗塞の初期症状を知識として持っておくことが大事です。

 

脳腫瘍とは

 

脳腫瘍とは、頭蓋内に発生する腫瘍を指します。発生確率は1万に1人のレベルで発生する症状で、現在でも具体的な発生原因は分かっていません。具体的な症状としまして、頭痛や吐き気を催したり、脳を圧迫する事から喋る事が困難になったり、手足のしびれ、視野が狭くなったり音が聞こえづらくなったりといった様々な症状が見受けられます。また、脳腫瘍は様々な組織から成り立っている悪性腫瘍の為、脳腫瘍といっても数多くの種類が存在しています。現在、脳腫瘍が発覚した場合、脳機能に重大な後遺症を残りたり、最悪死に至る大変重い病気である事から発覚した段階で即治療をしなければなりません。また、この腫瘍の話は大人以外にも発生し、子どもにも発生するケースも稀ではありません。そういった際、病名の呼称も小児脳腫瘍となり、特に子どもの時期は進行が速い為、可及的対処を図る必要があります。現在、代表的な治療法としまして外科手術により直接腫瘍抽出する手法が一般的となります。ただ、こちらの手法は良性腫瘍であれば全摘出が可能ですが、悪性腫瘍となりますと全摘出はほぼ不可能となります。よって、なるべく腫瘍が残らないように出来るだけ多く摘出する方法が試みられます。また、摘出する際、正常な脳組織まで摘出してしまう危険性も孕んでいますので、術式中は多くの電子機器を使用し、確実な手術が試みられています。これ以外にも放射線治療も存在しています。これは数十回に分けて、放射線を放射し、腫瘍を破壊する手法で昨今の費用もそこまで掛からず、保険も適用されており、比較的良心的な治療法となります。次に薬による化学療法が存在します。こちらは薬を使って、腫瘍を小さくする方法となります。ただ、こちらは薬の性質上もあってか、脳に直接作用される前に効能が薄まるケースがあり、効果はあまり期待出来ないものとなっています。これから、頭痛や吐き気、何かしらの異変を感じたら、即病院に受診し、早めの行動を心掛け、自分の体を大切にしましょう。

 

 

脳卒中の前兆は

脳卒中は、脳の血管の詰まりや、損傷などによる病気の総称で、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血に分類されます。
脳梗塞は、脳の血管が詰まることによって引き起こされ、脳に栄養や酸素が供給されなくなることで、脳の細胞が部分的に損傷してしまうもので、後遺症などが残ることが多くあります。
脳出血及びくも膜下出血は、脳の血管が損傷し、出血を起こすことで発症するものとなっています。繰り返し出血することが多く、また、死亡するリスクも高い病気です。
これら脳卒中の原因として、高血圧や過度の飲酒、低コレステロールなど様々なものが挙げられています。
脳卒中は死に至るほどの病気ではあるものの、その前兆として一時的に頭痛などの症状が現われることがあります。
前兆として考えられる症状として、脳梗塞においては目のかすみや眩暈、物が二重に見える、手足のしびれ、歩行が困難となる、手に力が入らない、人の話が急に理解できなくなるなどといった症状が挙げられており、これらの症状はすぐに治まることも多く、見逃されやすいのですが、注意が必要なものとなります。
また、一時的ではない脳梗塞の前兆としては、めまいや耳鳴り、頭痛や肩こり、うまく字が書けない、感情の起伏が激しくなると言ったものがあり、日常生活で異変を感じることができるものとなっています。
一方で、脳出血は前兆が無く突然発症することが多く、前兆を見極めて医者の診断に係ることが難しいのですが、頭痛や手足のしびれ、眩暈、吐き気やおう吐、肩こりや目の充血、言葉が出てこなくなるなどといった症状にあらわれることもあります。また、脳出血の前兆となる頭痛は非常に激しいものとなっています。
脳出血や脳梗塞におけるこれらの前兆となる症状が軽いものであっても、高血圧や飲酒量が多い、肥満であるなどといった思い当たることがある場合には、脳卒中のリスクが高いことが考えられるため、病院へ行き医者の診察を受ける必要があります。

 

頭痛の予防方法

 

頭痛は男性より女性の方が慢性的に持っている人が多いようです。しかし、インターネットやパソコン、スマートホンが当たり前の世の中になった現代では誰にでも起こりやすくはなっています。仕事でもプライベートでも欠かせない機器、便利である分、デメリットもあります。頭痛の原因で多いのは肩こりや首こり、目の疲れが原因である事が多く、そのまま放置していると翌朝からずっと痛みが伴う事があります。予防するには、とにかく目は休める事が大事。スマートホンやパソコンは仕事場でも当然のように使っていますが、目も疲れますが、肩もこります。パソコンなどで肩がこるには、利き手に力が入っていたり、机の高さがあっていないなど原因は様々。まずは、パソコン本体はできるだけ高さをあげて、キーボードはなるべく低めに置くとラクにはなります。また、目によくない光も発しているので、できればパソコンやスマートホン専用のメガネをしてあげると多少、目への負担もなくなります。また、肩こりや首こりは、自分でも気づかない事が多く、慢性化している人もいます。こっていない人はほとんどいないと言っても過言ではないくらいですので、痛みや重みなどを感じていなくても、1日の終わりにはマッサージなどをしてほぐしてあげる事が大事です。また、眼球疲労に良いとされるツボは、後頭部の丁度目の位置の裏側にあたる辺り。その周辺を軽く指圧してあげるのもおすすめです。寝不足でも頭痛は起こります。どこまでが寝不足なのか?平均7時間〜8時間、熟睡していれば問題はありませんが、その途中で目が覚めたりを何度も繰り返すなど質の悪い睡眠は睡眠不足の一種です。また、さきほど記載したパソコンやスマートホン専用メガネは、機器から発せられる光をシャットアウトするものですが、その光は睡眠妨害にもなります。寝る前ギリギリまでゲームやネットなどをやっていると、なかなか眠りに入る事ができず、寝不足となります。こうした事から目を気遣うグッズは必須アイテムだと言えます。