MENU

市販頭痛薬の効果はどの位?

慢性的な頭痛などが起きる方もいるでしょう。また、痛みが酷い場合では生活に支障がでることもある頭痛ですが、痛みを一時的に抑えるために頭痛薬を使うのも一つの手段です。頭痛薬を飲むことで得られる効果としては、痛みを一時的に抑えることができる点です。痛みが酷いことで活動ができなかったり、またどうしても休んでいられない場合などには、有効な手段といえるでしょう。
しかし、頭痛薬はあくまで痛みを抑えることであって、根本的な治療というわけではないので、頻繁に薬に頼ることはあまりおすすめできません。
痛みの原因となるものが何か把握して、生活習慣などを改善していくことも大切です。不規則な生活や、ストレス、肩や首のこり、血行不良などさまざまな原因が考えられます。ある程度自分の生活状態を把握して改善をすることで、頭痛を改善していきましょう。
規則正しい生活習慣、また適度な運動をすることでも大切です。血流の改善をする場合には、運動をして代謝機能を高めたり、マッサージを行うことで血流の流れをよくしましょう。マッサージを行う場合にはお風呂あがりが効果的です。肩や首の筋肉のこりなどもマッサージやストレッチなどでほぐすことで血流の悪化を改善していくことで、頭痛の予防策につながります。
ストレスを感じやすい環境の場合には、できるだけストレスを感じない環境作りも大切です。また、人間関係や仕事、家族間の問題、ご近所トラブルなどさまざまなことでストレスを感じることもあるでしょう。しかし、あまり深く悩んでしまうと、ストレスが溜まる一方です。改善するためには、休日にしっかりとリラックスできる環境を整えることも大切です。不安や精神的に落ち着かない状態、常に緊張状態になっていると、気が休まりません。当然ストレスも解消されないでしょう。緊張をほぐし、また自分がゆっくりと休息が取れる時間を確保することも、ストレスを解消するためには重要なことです。頭痛を軽減、また改善していくためには、ストレスを解消することも重要なポイントになります。

 

頭痛薬の効き目の時間はどの程度?

 

頭痛を服用してからどれくらい効き目が出るかは、個人の体質などにもよって異なるものの、大体飲んでから30分から1時間後には効果が現れます。薬が効きやすい人の場合は15分くらいで効果が現れることもあるようです。もし1時間過ぎても効き目がない場合は、首周辺の筋肉のこりが原因で発生する痛みであったり、薬が効きにくいタイプの頭痛なのかもしれません。市販薬で効き目がない場合は、病院で処方される強い薬だと効き目が出ることも多いですし、他の病気が隠されている可能性もないとは言い切れないので、すみやかに病院の診察を受けて、自分の症状に効き目のある薬をもらいましょう。
頭痛薬を飲んでから、どれくらいの間に効き目が持続するかですが、その薬の種類や個人の状態などで多少は差があるものの、持続時間は4時間から8時間くらいであるものが一般的です。痛みがなかなか取れずに頭痛薬を飲み足したい場合は、必ず数時間の間隔を空けてから飲むようにして、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。
頭痛薬を飲むうえでの注意点ですが、空腹時に飲まないように気を付けることです。空腹時に飲むと薬が効きにくくなる人が多いですから、もし空腹時に頭痛が強まったらまずは何か食べてからにしましょう。頭痛が発生してからしばらくしてから薬を飲んでも、あまり効果が出ないので、違和感が出たらなるべく早く薬を飲むのがいいでしょう。よく効く薬を常備しておくといいですね。

 

頭痛薬を摂取する間隔は?

 

頭痛薬を服用する場合は、連続で服用するのではなく一定時間を空けるようにします。
それに関係してくるのが半減期です。
人間の体の中に入った医薬品等は代謝・排泄されてその成分の血中濃度が半分になって行くのですが、大体頭痛薬の場合は1時間半から2時間程度が必要です。
そのため、頭が痛いからと言ってすぐに飲んでしまうと、以前飲んだものの成分がまだ血中に残っている事も有り、その場合は過剰摂取となって副作用が出やすくなる可能性があります。

 

間隔はその製品によっても違いますが、大体4時間から6時間程度は空けます。
勿論、どうしても頭が痛くて2,3時間程度しか空けないで次を服用してしまったとしても、直ぐに健康被害が出るという訳ではありません。
抑々、市販薬の場合はそれ程強くないものも多い為、連続して飲んだとしても体にすぐに影響が出てしまう事可能性は少ないからです。
しかしいつも短時間しか空けないで服用してしまうと、ずっとその薬の成分が体内に残っている状態となってしまいます。
その場合、副作用が出てしまいやすくなるだけでなく、頭痛薬の種類によっては胃壁を荒らしてしまったり、その薬の成分が影響して頭痛をより悪化させてしまう事も有ります。
その為、長期利用は出来るだけ避け、薬はその製品の使用説明に従って4時間から6時間程度は空けて利用します。

 

また、頭痛の種類、原因によっては効かないタイプの頭痛薬も有ります。
その場合はずっと同じ薬を飲み続けたとしても殆ど良くなる事は無く、飲んでも全く効果を感じられないという可能性もあります。
正しく飲んだとしても全く効果を感じられないという時は、他のタイプの薬に変えます。
製品によって接種する間隔は違ているため、今まで他の頭痛薬を利用した場合も、新しいタイプを利用する時はその薬に合っている間隔で服用します。
また薬によっても有効成分の能動が違う為、必ずその薬の説明を見て服用する間隔を確認してから服用します

 

頭痛の時冷やしても大丈夫?

 

頭痛がする時の対処法として、ズキズキするところを中心に冷やす方がいいという場合もありますし、その反対に頭を温めた方がいいと言われる場合もありますよね。反対のことを言われると、人は混乱してしまいがちなのですが、実はどちらも正しいのです。片頭痛の場合は血管を開いた時に痛みますから、逆に収縮させた方が痛みを和らげますから、冷やすことは効果的です。その反対に、ストレスや疲労、睡眠不足などが原因でなりやすい筋収縮性頭痛は、血管の収縮が起こって痛みが発生しますから、首の回りを温めて血管を拡張してあげることが有効です。なるべく疲労を溜めないようにすることと、疲労を蓄積しないことも予防にいいでしょう。つまり、頭痛の種類で対処法が全く異なるということですね。
冷やすのが効果的な片頭痛は、日本人の8パーセントが持病にしていることが知られています。男性よりも女性に多いのも特徴です。頭部の片側だけがズキズキするので、自分が片頭痛かどうかはわかりやすいですから、間違った対処法などをする心配は少ないでしょう。
頭部を冷やす場合は、氷嚢がない場合は冷たい缶ジュースや保冷剤などでも構いません。痛みが発生している箇所に当てるのがコツです。頭を冷やす場合の注意点としては、急激に冷やさないようにすることと長時間冷やさないようにすることです。そのためには冷たいものを直接頭部に当てずにタオルなどで包んだり、少し冷やしたら頭から離すようにすることを繰り返すようにすることです。

 

偏頭痛とは

 

頭痛はそのタイプによって、対処法が異なります。
偏頭痛は、特に女性に多い慢性頭痛の一つで、頭蓋骨の血管が広がり、炎症を起こすことで症状が現れると考えられています。
まだ原因は明らかになっていませんが、疲労やストレスで誘発するほか、女性ホルモンの影響もあると考えられています。
偏頭痛には、前兆があるものとないものの2つのタイプがあり、前兆がある場合には、チカチカする光が現れ、その光で視界の一部が妨げられる閃輝暗点の症状が現れることが多く、手足のしびれやはなしにくくなるなどの症状が現れる場合もあります。
痛みの特徴は、ズキズキと脈を打つような強い痛みがあり、頭の片側だけに痛みがあるのも特徴です。
光や音、臭いに敏感になり、吐き気を伴う場合もあります。
痛みのピークは、1から2時間、頭痛は4から72時間続くと言われ、月に1から2回程度痛みがあるのが特徴です。

 

偏頭痛は、寝込んでしまうほどひどい人もいれば、日常生活には支障がないという人までいます。
ただ、頭痛が慢性化してしまうと、生活の質を下げてしまうことになるので、健康的な生活を送るためにも、自分にあった対処法を見つけることが大事です。
風邪などで起こる頭痛とは違い、脳内の血管が何らかの原因で拡張してしまい起こると考えられています。
脳の血管が拡張すると、周囲を取り巻いている脳の神経である三叉神経が圧迫されて、刺激を受けてしまいます。この痛みを引き起こす炎症物質が放出されて、血管の周りに炎症を起こしてしまいます。
もっとも手っ取り早い治し方は、薬で、脳の血管の拡張を押さえるトリプタン製剤が効果的です。
ただ、頻繁に服用してしまうと、薬物乱用で痛みを引き起こす原因となることもあるので、使用方法を守り、薬に頼りすぎないことが大事です。
もし、月に10回以上薬に頼ってしまう場合には、医師の診断を受けた方がよいでしょう。
そのほか、首の後ろを冷やすことで、血管の拡張を押さえて痛みを和らげることができます。

 

偏頭痛の原因

 

偏頭痛は、頭の片側もしくは両側が脈打つように痛みます。血管が脈をうっているのが自分でもわかる場合があるくらい、ズキンズキンと脈打つたびに痛むのが特徴です。発作的に起こることが多く、いったん痛みが出ててくると、痛みのために集中力などがなくなってしまい、仕事や家事などの日常生活にも支障が出てくるケースもあります。
また痛みだけでなくは池や嘔吐などを伴うことも多く、光や音に過敏に反応してしまうといった症状が出ることもあります。
片頭痛の特徴としては痛みがある時は日常生活に支障が出るほどひどくなるのですが、痛みが治まってしまうと特に問題なく普通に生活をすることができます。
メカイズムとしては、脳が緊張状態の時は血管が収縮しているのですが、それがリラックスした時など急に血管が拡張してしまうことで痛みが発生する場合と、三叉神経という脳にある神経が何らかの原因で刺激を受けることによって、血管を拡張する物質を多量に分泌して、その為に血管が必要以上に拡張してしまい、それが神経を刺激してしまうことで痛みが発生すると考えられています。
偏頭痛が起こるときには、人にもよりますが予兆を感じることもあります。
例えば、だるかったり気分がすぐれなかったりイライラするという症状や、身体がむくんだり甘いものが食べたくなったり食欲がいつも以上に出るといったことがあります。
その他にも前兆として、目の前がチカチカするなどの症状があると、偏頭痛が起こることが多いようです。
偏頭痛が起きてしまった時には、無理をしないで休むことが大切です。
偏頭痛は光や音などに過敏に反応してしまう傾向があるので、暗い部屋などで静かにしていると症状をやわらげる効果が期待できます。また血管が拡張されていることが原因ですから、頭にタオルや鉢巻きをまいたり、血管収縮効果のあるカフェインが含まれているコーヒーなどを飲むことも痛みの症状を緩和する効果が期待できます。

 

緊張型頭痛とは?

日本人の大多数は、一生に一度の間に何らかの形で頭痛の症状に悩まされるといわれていますが、そのなかでも特に多くの人が発症するのが「緊張型頭痛」と呼ばれるタイプのものです。
偏頭痛が側頭部を中心に拍動に合わせてズキズキと痛みが走るものなのに対して、緊張型頭痛は頭全体が締め付けられるような鈍い痛みが生じるのが特徴です。一度起こった痛みは、症状が軽度であれば1時間も経たないうちにおさまりますが、重いと1週間程度続くことがあります。また、通常であれば一度痛みがおさまると再発するまでにある程度間があきますが、慢性化するとほぼ毎日同じような痛みが持続します。ある程度長期間、毎日のように頭が痛くなる状態が続くのであれば、病院で医師の診察を受けるべきです。
この症状が起きる原因はたくさん指摘されています。例えば、デスクワークなどのように楽ではない姿勢や悪い姿勢を長時間継続することは、筋肉の緊張や肩・首の凝りを招き、頭部に痛みを誘発しやすくなるといわれています。また、目の疲れや長期にわたるストレス、不規則な食事、カフェインの過剰摂取などもこのタイプの痛みを引き起こす要因と考えられています。
緊張型頭痛を治療・予防するためには痛みを引き起こす要因を取り除くことが第一ですが、排除するための取り組みをはじめたとしてもすぐに効果が出るわけではありません。したがって、痛みが生じた時にすぐに緩和させる方法を覚えておくことは非常に重要です。偏頭痛では患部を冷やしたり、部屋を暗くするのが治療する際に非常に有効ですが、緊張型頭痛では逆に患部を温めたり、ほぐしたりする方法が有効です。入浴やマッサージ、適度な運動、十分な睡眠などは、すぐにでも取り組むことができる予防法といえます。また、症状が重い場合は鍼治療や薬物治療が効果的ですが、薬物治療については鎮痛薬に頼り過ぎると薬物乱用頭痛と呼ばれる別のタイプの症状があらわれる可能性があるので、日常生活や仕事に支障がでるような痛みではない限り、鎮痛薬に手を出すのは控えたほうが良いでしょう。

 

 

緊張型頭痛の原因

 

緊張型頭痛は頭を何かで締め付けられているような痛みが毎日のように起きるのが特徴です。慢性的な頭痛持ちの人の中でも特に多いのが緊張型頭痛で、無理な姿勢を長時間続けていたり過度な緊張状態にあること、ストレスが多い生活をしているなどといったことが原因で起こることが多いと考えられています。
年齢もあまり関係なく、子供から高齢者まで慢性的に痛みを感じている人も多く、頭の痛みだけではなく首や肩の痛みやコリ、めまいやふらつきなどの症状が出てくるケースもあります。
緊張型頭痛の特徴としては、頭が全体的に痛む場合や特に後頭部が痛むケースが多く、痛みの頻度も同じような痛みが毎日のように起こります。痛み方も頭全体が締め付けられるような、それこそヘルメットをかぶっているように感じるとよく表現されるくらい、鈍い痛みが続きます。
緊張型頭痛の原因は、首から肩、背中の筋肉や頭の筋肉が緊張して硬くなってしまうことだと考えられています。筋肉が緊張してしまう理由や、猫背などの悪い姿勢を続けていたり、パソコンなどの画面を見続けることによって目の筋肉が疲労してしまうことなどいろいろとありますが、筋肉が均等してこり固まってしまうことで血流が悪くなり頭痛が起こります。
ですからストレッチをしたりして首や肩、背中などの筋肉をほぐしてあげると痛みの症状をやわらげてあげることができます。またお風呂にゆっくりと入るなど身体と精神をリラックスさせてあげることも効果的です。
強い精神的なストレスを受けている場合は、筋肉が緊張していなくても頭が痛くなる故tもあるので、身体も心もリラックスさせてあげる時間を作るのが緊張型頭痛の予防にもつながります。
一日中イスに座って勉強や仕事をしていると、特に筋肉はこり固まってしまう傾向があるので、休憩後といストレッチをしてあげたりウォーキングなどの軽い有酸素運動をすると血流も良くなり頭痛を予防することができます。