MENU

妊娠中は頭痛薬を飲んでも大丈夫?危険性はある?

妊娠中はいつもとは違う体になるためストレスを感じたり寝不足になる人もおり、頭痛は妊娠中の悩みの種、と言っても過言ではありません。しかも四六始終痛いのではなく時々痛くなる程度、という人もいるので、出来れば市販の薬で対処したい、と思う人もいるのではないでしょうか。そんな時に気になるのは妊娠中は市販薬を服用しても大丈夫なのか、ということです。結論を先に述べれば、服用しても大丈夫かどうかは成分によります。胎児に薬の成分が入り作用してしまい、何らかの異常をきたす可能性があるからです。
市販薬で妊娠中に服用してはいけない頭痛薬にロキソニン、12週までの妊娠初期に服用してはいけない頭痛薬にバファリンA、バファリン顆粒、ケロリンがあります。それに対しアセトアミノフェンやカロナールは妊娠中でも大丈夫な成分になり、市販薬ではタイレノールやラックルがあります。仮に病院で処方してもらう際も、妊娠中であれば頭痛薬として処方される成分はアセトアミノフェンやカロナールが中心となります。
上記では服用してはいけない市販薬の薬名を書きましたが、場合によっては32週以降の妊娠後期に服用してはいけない市販薬もあります。そのため市販薬で対処したい、と考えるのあれば薬剤師のいる薬局やドラッグストアを利用し、薬剤師に確認してから購入するようにしましょう。自己判断で購入し、使用すると胎児に影響を与える可能性があるので注意が必要です。またまだ妊娠してるかどうかは分からないが、妊娠の可能性がある場合も薬剤師に相談してから購入しましょう。まだ妊娠初期だから大丈夫、と考えないことです。医療機関で受信する場合は、妊娠が確定していなくても、妊娠している可能性があることを伝えることも大切です。正しい情報を伝えることで、適切な薬を処方してもらうことが出来ます。自分のためだけでなく、お腹の子どものためにも適切な頭痛薬を服用するようにしましょう。

 

 

 

 

妊婦さんの頭痛の原因

 

妊娠中のトラブルで頭痛を感じているケースも多くあります。しかし妊娠中は薬を気軽に服用することができない時期でもあるので、頭痛の原因を知って予防することが大切です。
妊娠をするとホルモンのバランスが崩れやすいなります。女性ならば整理や生理中などもホルモンが非常に崩れやすいので頭痛が起きた経験がある人も多いのではないでしょうか。
妊娠中は常にホルモンバランスが崩れやすい状態が続いているといえるので、頭痛の原因になってしまうことが多くなってしまします。
また妊娠中は赤ちゃんと二人分の栄養素が必要になるのですが、その中でも特に鉄分が不足してしまうと頭痛を起こる原因になる可能性があります。妊娠中は特に栄養が必要になりますから、サプリメントなどを利用して鉄分やその他葉酸など妊娠中に特に必要な栄養素を補給してあげるようにしましょう。
そして頭痛の原因の多くが血液の流れが悪くなることによって起こります。
血行不良になると脳まで酸素や栄養がしっかりと届かなくなってしまうので、脳が酸素不足になってしまって頭が痛くなるわけです。
妊娠中は特に疲れやストレスが増える時期ですし、身体をいたわるために運動不足になりがちです。頭痛を予防するためいはストレスをためないこと、しっかりと睡眠をとって疲れをいやすことが大切になります。
妊娠中は疲れやストレスをためないためいもリラックスすることを心がけましょう。軽いウォーキングなどをすると適度に血液の流れを良くする効果もありますし、ストレスの発散にもつながります。そして身体を動かして疲れることによって逆に良い睡眠がとれて疲れがすっきりととれることもあります。
無理は禁物ですが、適度に身体を動かすことは頭痛の予防にもなりますし、妊娠中のストレスなどの解消にもつながります。
妊娠が安定してくれば薬を服用することもできるようになるので、痛みの症状が辛い時は病院で医者によく相談してみましょう。

 

 

生理におすすめの頭痛薬ランキング

 

女性なら誰しも多かれ少なかれ生理の時に体調の変化を感じて悩んだ経験があるものです。その症状は様々なため、実際に生理痛によりその症状が起きているかが解らずに不安な人もいます。症状として有名なものは、下腹部・腹痛、腰痛などが挙げられます。それ以外にも頭痛や胃痛・歯痛、めまいや吐き気、倦怠感や意欲低下などを感じる人もいます。その他にも生理中はイライラしたり、お腹を下しやすくなる場合もあるのです。生理痛とは別にこれらの症状が起こる時には、子宮内膜症や子宮筋腫などがその原因もあります。生理前後でなくてもこれらの症状が見られたり、痛みが強い場合には一度婦人科の検診を受けることも大切です。
周期が安定していれば、毎月のように生理は訪れます。その度にこの様な症状に悩まされるとすれば、いくら病気でなくても困ってしまいます。生理痛の痛みに悩まされれば、仕事に集中する事も難しく日常生活に支障が起きる場合もあります。しかしながら、特に男性に対してはなかなかその症状を言いにくかったり、理解を求めることが難しい場合もあります。そのような理由からも生理痛が酷い女性は、市販の頭痛薬などを服用して痛みを軽減させて頑張っている人も少なくありません。生理痛にもよく効く頭痛薬を服用すれば、頭痛・生理痛が同時に解消できて便利です。効き目の強さや特徴もそれぞれのため、自分に合った薬を選ぶことが大切です。
「ロキソニンS」は解熱鎮痛成分と胃を守る成分を配合してあります。効き目が強く、即効性に長けていまおり、飲みやすい小粒で眠くなりません。
「イブA錠EX」は日本で初めて鎮痛成分イブプロフェンを最大量200mg配合し、さらに鎮痛効果が高められる成分を同時配合しています。比較的胃にも負担がありません。
「バファリンルナi」はバファリンシリーズの中でも生理痛に特化して作られています。痛みの中枢と末梢の両方からく痛みをブロックするダブル処方です。
「ナロンエース」も痛みの元と伝達をブロックするダブルブロック処方です。優れた鎮痛作用があり、素早く痛みも取り除けます。