緊張型頭痛 おすすめ頭痛薬

MENU

緊張型頭痛の原因と治し方

慢性頭痛の中でも、一番多い緊張型は、無理な姿勢や長時間同じ姿勢を続けることで、起こると考えられています。
症状は、頭の周辺を、何かで締め付けられるような鈍い痛みがあり、肩や首の強いこりやめまい、ふらつき、全身のだるさなどを伴うことがあります。
どの年齢層でもみられる症状で、ときどき起こるタイプと、毎日のように続くタイプとがあります。
緊張型頭痛が起こる原因は、身体的ストレスと精神的ストレスが重なることで起こると考えられています。
身体的ストレスは、パソコン操作や車の運転、低い枕など、不自然な姿勢を長時間続けることで、首筋から肩にかけての筋肉が収縮して、こった状態になり、痛みを誘発してしまいます。
また、精神的なストレスも、神経や筋肉の緊張を高めてしまうため、痛みを誘発してしまいます。
筋肉の緊張が高まると、血流が悪くなって、筋肉の中に乳酸などの老廃物が溜まってしまい、周囲の神経を刺激して、締め付けられるような痛みを起こします。
精神的なストレスも、神経の緊張が毎日のように続くと、痛みのコントロール機能がきちんと働かなくなってしまい、筋肉が緊張していなくても、痛みを発症してしまうことになります。
ときどき痛みが起こる緊張型の頭痛は、鎮痛剤によって痛みを軽減することもできますが、通常は、とくに治療の必要はなく、適度に体を動かして、マッサージや入浴などによって血行をよくすると効果的です。
一方、毎日痛みが続くような場合には、鎮痛剤を使用してもあまり効果はありません。

 

精神的ストレスが原因となっている場合には、抗不安薬が使用され、首や肩の筋肉がこっている場合には、筋弛緩薬などが使用されることがあります。
ただ、根本的な解決にはなりませんから、薬は一時的に使用するものと考え、日頃から筋肉が緊張しないように、リラックス方法を見つけておくことが大切です。
緊張型を予防するには、ストレスを上手に解消することが重要で、適度な運動を心がけて、同じ姿勢を続けないように気をつけ、こまめに休憩をとって気分転換をはかることが大切です。
ゆっくりとお風呂につかったり、マッサージも効果的で、ストレッチなどの軽い運動を習慣化して、のんびりとした時間を持つことが予防には有効です。

 

頭痛に効果があるといわれているずきしらずの実ですが、ずきしらずの実の主成分であるフィーバーフューは、セロトニンを抑える成分が含まれているため、慢性頭痛の中でも、偏頭痛に効果があると考えられています。

 

ただ、ずきしらずの実は、緊張型には効果はありません。

 

ずきしらずの実が、血管の拡張を予防するというのは、セロトニンを抑える効果があるというだけで、血管に直接作用するわけではありません。そのため、ずきしらずの実を毎日摂取しても、血管が収縮して緊張型の痛みを引き起こすというわけではないので、緊張型がひどくなるということはありません。
そのため、混合型のタイプの人も、安心して服用することができます。

 

緊張型頭痛とは?

当該病気は、以前は筋収縮性頭痛と言われていましたが、筋肉の収縮を伴うタイプとそうでないタイプがあり、現在では、緊張型頭痛と呼ばれています。機能性頭痛の一つで、国内の有病率は2−3割程度だと言われています。頭の痛み以外にも、首筋の張り・肩こりが伴う場合があります。頭の痛みは次第に強くなる傾向があり、後頭部の鈍痛を訴える人が多いです。頭が痛いという感じではなく、頭が重い・頭になにか被り物をした様に感じる人もいます。当該病気においては、症状が1週間ー10日ほど続くことが多いのですが、時には1カ月のうち15日以上の日において症状が出る場合があります。当該病気の原因として、ストレス・不安・鬱等の心因的要因により罹患するとされています。また、ストレス・不安・鬱等の心理的不安状態にある中で、睡眠不足等・心配事・結婚・出産・就職・転職・離職・定年・死別・事故・病気・貧困等のストレス要因の増加によって、症状は悪化する傾向にあります。当該病気の治療においては、器質的疾患を排除する事をまず行います(場合によっては脳の画像診断を行います)。肩・項筋・後頭筋・側頭筋の硬結(しこり)、圧痛を確認することが診断の根拠になります。硬結と圧痛の間には相関関係がありますが、時に硬いのに圧痛を訴えないこともありますし、硬くなっていないのに圧痛を訴えることもあります。治療の際には、薬が使用されますが、消炎鎮痛薬の薬が使われます。例えば治療の際に、消炎鎮痛薬アスピリン330〜660mg日が投薬されて治療されます。消炎鎮痛薬は中長期的に使用した場合に、投薬の副作用として頭痛が引き起こされる事が報告されていますので、消炎鎮痛薬を使用する場合には、服用量に関して細心の注意が必要となります。当該病気の予防薬としては、抗うつ薬(特に三環系抗うつ薬)が使用されます。抗うつ薬の副作用としては口腔内乾燥・眠気・腸管のぜん動運動の低下等が報告されています。また、抗不安剤(エチゾラム「デパス」)・筋弛緩薬(エペリゾン「ミオナール」・チザニジン「テルネリン」)等の薬も使用される場合があります。薬の使用の際には副作用が報告されていますので、薬を服用する場合には、医師・薬剤師の指導のもとに服用する必要があります。更に、頭痛体操も有効だとされていますし、心理的問題の場合には心理療法による症状の予防・緩和も有効だとされています。当該病気は、器質的疾患の排除が重要です。器質的疾患でないと罹患者が分かれば心理的に楽になり、症状が快方する事があります。この事は当該病気が心因性による病気だという事を強めます。また、病院・診療所の診察を受けないで、自己判断で消炎鎮痛薬を薬局等から購入して慢性的に服用した場合に、その事が原因で頭痛を引き起こしている事が少なからずあるので当該病気の際の治療薬である消炎鎮痛薬の自己判断による慢性使用には注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

緊張型頭痛の原因

 

頭痛は様々なことが原因となって起こるとされていますが、慢性化するものの中で最も多いのが緊張型頭痛と呼ばれるものです。

 

緊張型頭痛とは、年齢関係なく様々な年代で起こる可能性ある症状で場合によって肩こりやめまい、全身のだるさなどその他の体の症状もあらわれることがあるとされています。

 

その中でも、時々頭が痛くなる反復性緊張型と毎日慢性的に頭の痛みが続く慢性緊張型に分類され、頭が何かで締め付けられているような痛みが続くことからヘルメットをかぶっているような痛みと表現されることも多いようです。

 

では、なぜ起こるのかその原因について考えてみましょう。

 

起こる原因としては、身体的ストレスあるいは精神的ストレスがかかった時に生じたり、その両方のストレスが重なって起こるとも言われています。

 

身体的ストレスとして考えられるものは、姿勢が悪い状態でのパソコンの操作やスマートフォンの使用、長時間不自然な姿勢で過ごしたり枕が体に合っていない場合や体の冷え、長時間の車の運転などによって肩や首、頭の筋肉が緊張して収縮や拡張を繰り返すことで頭が痛くなることがあるとされています。

 

精神的ストレスは、その名のとおり会社や学校での人間関係、家庭不和など精神的なことが要因となっているストレスによって頭の痛みが生じることがあるとされているのです。

 

では、なぜ肩や首、頭の筋肉が緊張することで頭痛が起こるでしょうか。

 

筋肉が緊張すると筋肉内の血流が悪くなることで血管内にピルビン酸や乳酸といった老廃物が溜まっていくのですがそれが神経を刺激することで痛みが生じるようになるのです。

 

とくに精神的ストレスが原因で起こっている場合には常に神経が緊張している状態が続くことで痛みをコントロールする機能が正常に働かなくなるために筋肉が緊張していなくても慢性的に痛みを感じるようになることがあるのです。

 

緊張型頭痛を治すのには、痛みの原因となっているものを除去することももちろんですが、まずは首や肩、頭の血流を良くすることで解消するとされています。

 

頭が痛くなりそうなときは入浴したり痛みを生じている部分をマッサージするなどして血行を良くしていくことで筋肉を緊張が和らぎ、また血流が改善することで老廃物が体外に排出されていきますので痛みがなくなることが考えられます。

 

あまりに頭の痛みが続くとつい鎮痛剤を使用してしまう人もいるかと思われますが、鎮痛剤は常用すると徐々に効かなくなってくることとただ痛みを止めるだけでは根本的な解決にはなりません。

 

場合によっては痛み止めが手放せなくなり依存することも十分に考えられますので、痛み止めで解消するよりも血流を改善したり精神的ストレスとなっている原因と取り除くことから始めてみることをおすすめします。

 

また、緊張型頭痛を生じないようにするためには日頃から心身ともにリラックスした状態を保ちストレスを溜めないように過ごすことが大切となってきます。

 

規則正しい生活を送り栄養バランスの良い食事を食べる、良質な睡眠を取るように心がけるなど毎日の日常生活の中で意識しながら過ごしていくことをおすすめします。