市販頭痛薬 二日酔い治す

MENU

二日酔い治すおすすめの薬人気ランキング

二日酔いによって頭痛が出る場合があります。原因はお酒を大量に飲むことによる、血管拡張・脱水症状・アセトアルデヒド発生が主な原因です。血管拡張が原因の場合は、頭部の血管がアルコールにより拡張する事によるものです。心臓が脈打つのに合わせて頭がズキズキ痛む場合にはアルコールにより頭部の血管拡張が起きている可能性があります。脱水症状が原因の場合は、髄液という脳を浮かべるプールみたいな液が脱水症状により減少します。減少の結果、脳が沈下してしまい、静脈等が直接的に刺激を受けやすくなり、頭に痛みが生じます。脱水症状の場合は、寝ている時には頭があまり痛まないが、起き上がった時に頭が比較的強く痛む場合が脱水症状の場合の可能性があります。アセトアルデヒトが原因の場合は、アルコールは最終的に酢酸へと体内で分解されます。そのアルコールの分解経過の途中でセトアルデヒトが発生しますが、セトアルデヒトは強い毒性があります。当該セトアルデヒトの発生により頭痛が引き起こされます。二日酔いによる頭痛はイブプロフェンという鎮痛効果成分が配合されている薬がおすすめです。胃の不快感・むかつき・吐き気等の二日酔いによる症状がある場合には、胃腸の機能を調整する塩化カルニチン等の成分が配合された胃腸薬を合わせて服用するのが効果的です。また、多量のお酒を飲んでしまった場合には、体内でビタミンB1が大量に消費されてしまうので、二日酔いにより疲れを感じる場合にはビタミンB1が配合された薬がおすすめです(ドリンクタイプもあります)。更に、カフェイン配合の薬も効果的でおすすめです。二日酔いの頭痛の原因の一つにお酒に含まれているアルコール成分により血管の拡張が原因の場合があります。血液に入ったアルコール成分が頭部の血管を無理に広げてしまう事により、頭がズキズキと痛みます。その場合にはカフェイン配合の薬も有効でおすすめです。カフェインはアルコールによる頭部の血管拡張を収縮させる働きがある成分です。カフェインはコーヒー・コーラ・お茶にも配合されていますので、薬が手元に無かった場合にはコーヒー・コーラー・お茶でも代用はできます。当該カフェインは、血管収縮作用以外にもアルコールの代謝に重要な肝機能を良好にする働きもあります。従って、二日酔いの際にカフェインが苦手でなければおすすめな成分です。但し、適量のカフェインは二日酔いには良い成分ですが、大量に摂取してしまうと胃酸の分泌を加速させますので、胃もたれ・胃痛の原因になるので、カフェインの摂取量には注意が必要です。また、カフェインには利尿作用がありますので、二日酔いにも脱水症状が出る場合がありますので、やはり、カフェインの摂取量には注意が必要です。二日酔いには脱水症状がある場合がありますが、その場合には適時に水分の補給が必要になります。薬は市販薬でも多く出されていますが、複数の薬を使用する場合(二日酔い以外の目的の薬も含めて)は薬の組み合わせには注意が必要です。薬を複数組み合わせる事により、薬の効果が強まったり弱まったりします。