MENU

頭痛の予防方法|頭痛を防ぐには?

頭痛には様々な種類がありますが、一度発症してしまうと再発しやすくなったり慢性化することがあります。

 

そのため、悪化したり発症する前に予防をするのが良いと言えます。

 

ただ、頭痛にも数多くの種類がありますのでタイプ別の予防法について考えてみましょう。

 

まず、女性に多いとされる片頭痛は自分では気づかないうちにストレスがかかっていることや気を抜いたとき、空腹時などになりやすいとされていますので、早寝早起きをしたり栄養バランスのとれた食事をするなど規則正しい生活を送るように意識して過ごすのが良いでしょう。

 

アルコールの摂取や喫煙は血管を拡張させたり収縮させる作用によって頭が痛くなりやすいことがあるので控えた方が良く、要因ともなる睡眠不足を補おうと返って寝すぎると逆効果になるので気を付けましょう。

 

空腹に加えて人混みや騒音、苦手なにおいや乾燥などによっても発症したり悪症状が化することもありますので、必要な時以外はわざわざ人混みに行くのは避けた方が良いでしょう。

 

紫外線による強い光などもあまりよくないとされていますので、日差しが強いときはサングラスをして外出するのが良いと言えます。

 

次に、日本人の国民病とも言われ頭が痛いのに悩む約7割の人がこの症状を発症しているとされる緊張型頭痛の予防法としては首や肩、頭の筋肉が緊張することによって起こりやすくなるため時間の開いたときにストレッチを行ったりマッサージをして血流を改善するようにしましょう。

 

長時間同じ姿勢で過ごしていると余計に症状がひどくなることがありますので、時々は姿勢を変えて筋肉をほぐすなどして筋肉の緊張を弱めるようにしましょう。

 

緊張型頭痛は会社や学校での人間関係などの精神的ストレスがかかることでもひどくなるために、あまり溜めすぎないようにして溜まったと感じたらその都度解消するように習慣づけるのが良いと言えるでしょう。

 

頭が痛くなってしまったら鎮痛剤を飲んだり筋肉の緊張をほぐすように血流を改善することが良いとされていますが、鎮痛剤の使用はただ痛みを止めているだけに過ぎないので根本的な解決にならないと言えますので、自分がどんなことが原因で頭が痛くなっているのかをしっかりと把握することも大事になってきます。

 

そして、予防のためにずきしらずなどのサプリメントを摂取するのもおすすめです。

 

鎮痛剤は薬であるために即効性が高いものの体への負担や依存性が高まるために継続して服用するのは好ましくないと言えますが、ずきしらずはサプリメントですので即効性は期待できませんが穏やかに作用してつらい頭の痛みを解消していきます。

 

加えて、天然成分を配合して作られているので過剰摂取に気をつれば副作用や体へ負担を気にすることなく頭痛を予防することができると言えるでしょう。

 

このように、生活習慣を改めたりサプリメントを摂取するなどすればあらかじめ予防することで発症させずに済むこともありますので、頭の痛みに振り回されたくない人は毎日の生活の中で意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

頭痛の原因

 

頭痛には、大きくわけて慢性的な痛みのものと、脳や全身の病気が原因の痛みのもの、があります。
慢性的な痛みは脳自体には異常が無いもので、3つのタイプがあります。
まず、脈拍にあわせてスキンズキンと痛くなり、頭の片側が痛くなる、時には吐き気がすることもある、片頭痛があります。
これは、血管が拡張して周囲の神経が引っ張られて痛みが起きます。原因には脳内のセロトニン物質が関係しています。興奮状態でドーパミンが放出されたときは、血管は拡張します。それを抑えるためにセロトニンが放出されます。放出されたセロトニンは血管を収縮させる物質ですが、体内ではそれほど多く作られていません。放出、消費されたセロトニンが無くなると、血管は拡張します。この血管が拡張するときに血管の周りの神経が刺激を受け、炎症を起こすことが痛みの原因になります。
誘因としては、睡眠不足などの生活リズムの乱れ、雑踏・人ごみなどでのストレス、熱いお風呂やサウナ、月経、アルコールや寝すぎなどが上げられます。これらの誘因から、自律神経に影響して血管の収縮・拡張のリズムが乱れるためです。
月経については、生理周期による女性ホルモンの増減が影響しています。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、生理周期に伴って血中濃度が大きく増減します。エストロゲンは、排卵直前に大きく血中濃度が減少し、再び増加してから、月経直前に再び大きく血中濃度が減少します。この、エストロゲンの量と、脳内のセロトニンの量は比例関係にあります。生理直前頃にrストロゲンの量が減ることで、頭の痛みが起こります。
次に、首や肩こりがあって、目の痛みも伴う、ぎゅーと締めつけられるような圧迫感、後頭部を中心に両側が痛くなる、緊張型頭痛があります。これは、筋肉が緊張することから起こるので、原因としては、姿勢の悪さ(くせ)、首の骨などの骨格・体系のゆがみ、首や肩のコリ、緊張、パソコンなどによる目の疲れや歯のかみ合わせ、ストレスや精神的な緊張などが考えられます。
これは、ストレッチをするなどして肩を動かしてみたり、こっている部分をホットパックで温める、マッサージする、片方だけに体重をかけていないかなど姿勢を見直して正しい姿勢にする等で解消できる場合が多いです。
3つめに、強烈な痛みがある期間、毎日同じ時間に起こる群発性頭痛。男性に多く、決まった片側だけが痛み、特に目の奥がえぐられるように痛いものです。目の充血や涙目、鼻水などの自律神経症状を伴います。
この原因は、詳しくは分かっていませんが、こめかみの血管拡張が起きているためといわれています。また、流涙や鼻水の症状から、自律神経かtら異常な命令が出ているためとも考えられています。
脳や全身の病気が原因となって起こるのが症候性頭痛といわれるものです。命にかかわる怖い頭痛もあります。
脳腫瘍や、くも膜下出血、脳梗塞など脳血管障害、副鼻腔炎や髄膜炎、側頭動脈炎によって起こることもあります。

 

 

頭痛の治し方最新情報

 

突然やってくる頭痛は、日々の生活のクオリティを大幅に下げます。痛む頭を抱えていては、仕事も家事も手につくはずがありません。そのため、なるべく迅速に対処しなければなりません。では、どのような方法が考えられるのでしょうか。
まず最初に試したいのは、水を飲むことです。頭痛の原因は多岐にわたりますが、そのうちのひとつが、体内の水分不足によるものなのです。水分が足りなくなると、血液がスムーズに流れにくくなり、すると頭部における血のめぐりも悪くなり、痛みを引き起こします。熱中症や脱水症状に陥っているときに、頭が痛くなるのは、このためなのです。水分の補給は、生きていく中でもっとも大切な事柄のひとつなので、こまめに行なっていきましょう。忘れがちな子どもやお年寄りには、周りの声掛けも大切です。また、脳内の血管が膨張していると、神経に触れて痛みを呼ぶことがあります。このような場合には、血管を収縮されるカフェインをとるのが有効です。休憩時にコーヒーやお茶を飲むようにすれば、リラックスするだけではなく、症状の緩和や予防にも繋がります。
肩こりや眼精疲労から来る頭痛には、湯船にゆっくり浸かると効果があります。これは、体の緊張が原因となっているからです。いつもはシャワーなどで手軽に済ませている人も、たまには時間をかけて入浴するようにすれば、痛みが和らぎ、ぐっすりと眠ることができます。とくに、デスクワークで長時間パソコンに向かっているような人は、定期的に機会を設けるようにすれば、予防にも繋がります。ただし、あまりにも長く湯船につかっていると、それだけ激しく体力を消耗しますので、のぼせる前に出るようにしたほうがいいでしょう。全身の血のめぐりをよくするためには、軽い運動を行うのも効き目があります。筋肉を解し、しなやかな体を作ることは、健康への基本ともいえます。
このような対処を行っても頭痛が収まらない場合は、痛み止めを服用することになります。しかし、慢性的なものの場合、痛む度に飲んでいては、薬に耐性ができて効きにくくなってしまいますし、体内への影響も心配です。妊婦さんなどは、そもそも服用することさえできません。そもそも、痛みが長引く原因として考えられるのは、体のリズムが不調になっていることが考えられます。このリズムが激しくなってしまうときに、不快な症状が現れてしまうのです。このような体質そのものを変えたいときには、自然由来のサプリメントをとるようにすればいいでしょう。ずきしらずの実は、体のリズムを整え、不快感を緩和する成分を、自然の植物などから抽出して作られています。ずきしらずの実に含まれている、にがりと夏白菊が、体のリズムが激しくならないように整えてくれます。また、同じく配合されているオオイタドリが、重い不快感を軽減してくれるのです。頭痛対策のサプリメントなども利用して、健康的な生活を送って行きましょう。