頭痛の原因

MENU

頭痛の原因 最新情報

多くの人が抱えている、慢性的な頭痛。まだ痛みが軽いうちは良いのですが、ひどくなると吐き気がして、動くことすらできなくなることがあるため、仕事や生活に支障が出てしまいます。このような痛みは血管の拡張や収縮に伴い、筋肉や神経が刺激を受けて発生するとされていて、痛みを誘発する行動にも原因があると言われています。
睡眠は頭痛に大きな影響を与えていて、寝不足や寝過ぎは痛みが発生するきっかけになります。睡眠が足りないと、体の疲れがたまって筋肉がこってしまうので、血流が悪くなって栄養が十分に回らなくなり、痛みが発生してしまいます。睡眠不足は自律神経が乱れる可能性もあるので、緊張状態にさせる交感神経とリラックスさせる副交感神経の切り替えがうまくいかなくなって、頭が痛くなることがあります。
その一方で、たくさん寝ると頭痛に良い効果をもたらすような感じがしますが、眠り過ぎで体の緊張感がなくなって血流が促進してくると、神経を刺激して痛みが発生することがあります。そのため、なるべく痛みを引き起こさないようにするには、睡眠は適度にとることが一番です。
日常生活で受けるストレスも、痛みを誘発する原因になります。ストレスが強くなると、心身は緊張状態になるため血流が悪くなるため、さまざまな不調をもたらします。そしてチョコレートやチーズなど、食べ物が痛みを誘発するケースもあるので、食生活にも注意が必要になります。
頭痛を和らげるには、心身の緊張から起こる痛みに対しては、足や頭をマッサージして血行を促進したり、肩や首をホットタオルなどで温めて血行を促進するようにします。血流が促進して起こる片頭痛には、温めると却って痛みが増してしまうことがあるので、頭に冷たいタオルをのせて冷やし、静かに過ごすようにします。血管を収縮する作用のあるカフェインが含まれている緑茶やコーヒーを飲むのもおすすめです。
ただ、痛みは突然襲ってくるので、慢性化した痛みには普段からの対処が肝心になります。ズキズキや重苦しさに効果を発揮すると話題のサプリ「ずきしらずの実」は、薬ではないので痛みが起きる前に飲んでも安心です。原材料になっているのは、人々の生活の中で昔から使用されているハーブなどの植物なので、効果的にサポートしてくれます。薬効に優れているフィーバーフューが配合されているので、小さな子供や妊娠中の方には適していませんが、薬を飲み過ぎた時のようにさらなる痛みを誘発する心配がありません。
慢性的な痛みに悩んでいると、痛みの悪化を防ごうとしてすぐに薬を飲んでしまう癖がついているため、それが痛みを引き起こす原因になることがあります。植物やにがりなど、自然から抽出した成分でできている「ずきしらずの実」なら、継続して飲んでも痛みを誘発することはありません。薬の乱用は内臓にも負担をかけてしまうため、体にやさしく働きかけてくれる「ずきしらずの実」は頭痛持ちにピッタリのサプリになっています。

 

頭痛になった時の対処方法

 

日本人の5人に1人は頭痛持ちといわれるほど身近な症状で、原因や痛みの種類にはいくつかあります。特に女性に多いのが片頭痛で、ズキンズキンとした痛みがあるのが特徴です。症状によっては吐き気などを伴うこともあり、痛みが激しくなる前に早めに対処することが大切です。主にこめかみあたりに痛みを感じることが多く、片側だけでなく頭の両側に痛みがあります。痛みが激しくなると日常生活に支障が出ることがあったり、急激に身体を動かすと痛みがさらに酷くなることもあります。痛みがあるときに照明などの光や騒音にかなり敏感になり、痛みと同時に目の前がチカチカする症状も出てきます。痛みは数日間続くこともあり、酷くなると痛みが長くなることもあるほどです。個人差はありますが、週に何度も痛みが起こるときもあります。痛みが起こるのは生理中やホルモンバランスが崩れたときなど、身体に変化があるときに発症します。空腹で血糖値が下がっているときにも症状が現れることがあり、食べ物の刺激などで症状が出る場合もあります。
痛みを感じるメカニズムとしては脳の血管が収縮を繰り返すことで、脳の神経が圧迫されて痛みが起こります。脳の血管が収縮を繰り返すときに何らかの異常が発生すると、異常を回避するために脳の血管が収縮を始めます。収縮を始めると逆にその状態を改善するために、血管が拡張し始めます。血管を取り巻く環境が急激に変化することで、神経が圧迫されて痛みが起こるというメカニズムになっています。
片頭痛が起こってしまったら、発作の引き金にならないように原因を探すことが大切です。どんなときに片頭痛が起こってしまうのかを探して、その原因が重ならないように生活を改善するようにします。いつ起こるのかはっきり分からないときには手帳などに記録して、客観的に知ることが出来るようにしておきます。
片頭痛は症状は軽ければ、市販の鎮痛剤で収まります。きちんと痛みがなくなり、使う回数も月に数回程度なら問題はないです。身体を動かすと痛みがひどくなるので、出来るだけ安静にして動かないようにします。まぶしい光やうるさい騒音は刺激にもなるので、静かで暗い場所で安静にしているようにします。痛む場所を冷たいおしぼりで冷やして、広がってしまった血管を収縮すると痛みが軽減します。外出先には肌に貼ることが出来るシートなどを携帯して、緊急時に備えておくことも大切です。空腹で低血糖になると頭痛の原因になるので、何か食べることが出来ないときにはあめをなめるようにします。糖質が身体に入ると痛みやストレスが収まり、症状が軽くなります。セルフケアで症状が治らない場合は、医療機関に受診するようにします。痛みを軽くする治療をして、これ以上症状が悪化しないようにします。
痛みが長引く人は常に脳が興奮している状態になっているので、一度興奮状態を白紙に戻すようにします。予防薬を服用して、症状が発生する頻度や程度を抑えるようにします。

 

ストレス性の頭痛とは?治すには

 

現代人にとって頭痛はもはや誰しもが経験する病気です。慢性的なものとしてあるので、生活習慣を変えない限り、一生涯付きまとう病気といってもいいでしょう。

 

今は仕事をする上で、パソコンは欠かせません。デスクワークの必須アイテムですから、パソコンがないと仕事にならないことが多いです。パソコンはとても便利ですが、使いすぎると、目を酷使してしまいます。目を酷使すると、目がかすみ、ぼやけてきて、肩こりや頭痛を引き起こしてしまいます。視力が低下すると、ストレスから鬱状態にまでなるので、甘くみるといけません。

 

目を酷使するパソコンを使いすぎると、知らない間に姿勢がおかしくなります。ストレートネックと呼ばれるものがあり、本来の正しい位置に首や頭を持ってこず、いわゆる猫背の状態で長時間パソコン作業をやっていると、首が曲がってしまいます。背中全体がこってしまい、背中がはった状態になり、肩こりも相当辛いです。視力が弱く、肩こりがひどくなると、精神的に参ってしまい、ストレスが半端なくなります。ストレスを引き起こす要因は姿勢からくるものが大変大きいです。

 

パソコンで長時間作業をしなくてはいけないときは、一時間に一回、数分ほど、目と頭を肩を休ますエクササイズをしましょう。ストレッチも間に入れて、休みを間にはさむことが大切です。椅子に座りながらできる運動などを軽く取り入れないと、目はどんどん悪くなり、姿勢はどんどん悪くなり、肩こりで悩むことになりかねません。

 

ストレス性の頭痛は仕事から離れてもまた起こります。家に帰って、仕事のことなどを思い出すと、また精神的に参ってしまうことがあります。日本人は本来とても生真面目でルールに縛られ、生きる国民です。几帳面なのはとてもいいことですが、いきすぎると、ストレスでやられてしまうので逆効果です。家に帰ると、できるだけ、仕事のことは考えないようにリラックスするように努めましょう。ハーブティーなどを飲んで、気持ちを落ち着けましょう。アロマなどを焚いてみるのもいいでしょう。いい匂いは五感にとって安らぎや癒しを与えるものです。鼻から通り、頭に香りがいき、体全体に癒しで包まれると、ストレスが吹っ飛び、頭痛も軽減されます。

 

寝る前はパソコンやスマホなどから離れるようにしましょう。パソコンの画面からは電磁波がものすごく出ており、脳に刺激が与えられ、興奮作用がありますから、よい眠りをさまたげられます。就寝前はパソコンなどの機器から距離を置くことがおすすめです。そして心地よい睡眠を手に入れるためには、ホットミルクや紅茶などを飲みましょう。カフェインを摂取すると、眠れないことがあるので、ノンカフェインの体が温まる飲み物がお薦めです。よい眠りを手に入れると、明日への活力になりますし、仕事もまたバリバリこなせるようになるでしょう。栄養のある食べ物、よい睡眠、適度なストレッチで頭痛知らずです。