市販頭痛薬おすすめ ストレス頭痛

MENU

ストレス頭痛におすすめの頭痛薬ランキング

頭痛にも様々な種類があり、症状や原因によって異なるとされていますがその中でも多いとされているのがストレス頭痛です。

 

その名の通り、ストレスが原因で頭が痛くなることですが姿勢の悪さや長時間の車の運転などによって身体的ストレスがかかることで起こる場合や、仕事での人間関係や家庭内でのこと、学校生活においてなど精神的ストレスが原因となって起こることもあるとされています。

 

ストレスが原因である場合、多くは緊張型と呼ばれるタイプでその中でも時々頭が痛くなる反復性緊張型タイプや常に頭が痛い状態がある慢性緊張型タイプなど痛みの出方によってもタイプが分かれるとされています。

 

男女問わず、年齢関係なく起こるとされており人によっては全身尾のだるさやふらつき、首や肩のコリなどが伴うこともあるようです。

 

日本では国民病とも呼ばれるくらい頭が痛いことを訴えている人も多く専門の外来ができるくらい頭が痛くて悩む人は多いとされていますが、その中の7割は緊張型タイプ、つまりストレスが要因で起こっているとされているようです。

 

そんな痛みを即効で解消するのには消炎鎮痛剤などの痛み止めが最も早いですが、市販薬の中にはストレス頭痛に効果的な薬はあるのでしょうか。

 

効き目が早く、鎮痛剤の代表とも言われるロキソプロフェン系は非常に効果が高いとされています。
医療機関ではロキソニンの名前で呼ばれているのでなじみのある人も多いことかと思われますが、市販薬ではロキソニンSやバファリンなどがロキソプロフェン系とされています。

 

安全性が高い薬としてはイブプロフェン系のイブやナロンエース、バファリンプレミアムなどがあります。
女性は生理痛などでも服用している人が多いようですが、胃腸障害を起こさないように空腹での服用は避けた方が良いでしょう。

 

アスピリン系は昔から存在する鎮痛剤であり関節痛や歯痛などにも有効だとされています。
ただ、胃腸が弱い人には不向きで胃腸障害の副作用が出ることがありますので服用の際には注意が必要です。

 

ノーシンやセデス、タイレノールなどは子供でも安心して服用できる鎮痛剤です。

 

妊娠中などにも処方されることが多く、子供でも飲めるので手を出しやすいですが服用する際は薬剤師の説明を受けてから服用するのは良いでしょう。

 

また、頭痛をやわらげるサプリメントとしてずきしらずなどもあります。

 

ずきしらずは、天然成分を配合してつらい頭の痛みを解消するのに効果が期待できるとされているサプリメントです。

 

頭痛は解消したいけど、薬を使うのは体への負担が気になると言う人におすすめと言えます。

 

このように、ストレス頭痛に効果的な市販薬は数多く存在しますが、薬局で簡単に購入できるからと言って過剰摂取になったり依存しないように気を付けて使用するようにしましょう。

 

市販薬で解消するだけでなく、まずはストレスを溜め過ぎずに解消していく習慣を身に着けて日頃の生活を見直し、ストレスが溜まらないように意識して過ごすことも大切と言えますので、まずは自分のできることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

ストレス頭痛の原因

頭痛を発生させる原因の一つに、ストレスがあります。普段の何気ない生活の中にもストレスは存在しているため、うまく解消することが不調を避ける一番の対策になります。もともとストレスというのは、さまざまな刺激や出来事に対する心と体の反応になり、全くストレスのない状態というのも、心身に不調が起きる原因になります。
心身の成長のためには、ある程度は欠かせないストレスですが、必要以上に強いストレスを受けてしまうと、頭痛のような体の痛みとなって表に出てきます。ストレスで頭痛が起きるのは、自律神経とホルモン分泌の2つの原因があると考えられています。
自律神経は無意識化で常に活動し続けていて、呼吸や食べ物の消化と吸収、体温の維持や血圧の調整など、生きていくために必要な活動を司る神経です。手足を動かすのと同じような感じで自らコントロールすることはできないので、自律神経が乱れて緊張と安定の切り替えがうまくいかなくなると、心身の不調に襲われてしまいます。
ストレスは心身を緊張させるため、交感神経が優位になります。交感神経は危機を回避する働きがあるので、神経は興奮状態になり筋肉や血管が収縮して血圧が上がってきます。頭が締め付けられるように痛くなる緊張型頭痛は、筋肉が収縮してこわばり血流が悪くなるため発生します。
しかし、心身の安定をもたらす副交感神経が優位になった時に起きる痛みもあります。片頭痛はストレスが和らいだことで副交感神経の働きが強まり、血管が拡張することで発生します。心身がストレスから解放されたはずなのに痛みが起きる原因は、ストレスによって長時間緊張を強いられた神経や血管が拡張しきれないために、痛みを誘発すると言われています。
もう一つの原因となるホルモン分泌ですが、これはストレスを受けた時に放出されるコルチゾールが関係しています。ストレスホルモンとも呼ばれているコルチゾールは副腎皮質で分泌されていて、脂質や糖質などの代謝に携わり、炎症を和らげる働きもあります。しかしストレスが多くて体内のコルチゾールが増えてしまうと、免疫力の低下を招き、脳に影響を与えることもあります。
そしてコルチゾールには、セロトニンを抑える働きがあります。セロトニンは心身に安らぎをもたらすホルモンになり、交感神経を優位にするノルアドレナリンやドーパミンを調整する作用があるため、コルチゾールが増えてセロトニンが不足すると自律神経が不安定になり、頭痛を誘発する可能性があります。
ストレスからくる痛みを和らげるには、緊張状態が続かないように時々ストレスを解消して、心身をリラックスさせる時間を作ることが大切になります。体の緊張をほぐすことも痛みの緩和につながるので、適度な運動やマッサージなども効果的です。栄養が不足していると、ストレスに弱い体質になってしまうので、ストレスに負けない体づくりのためにビタミンやミネラルなどの栄養をバランスよく摂ることも必要になります。

 

 

 

ストレス頭痛の治し方

頭痛は様々な原因で起こるとされていますが、その中でもストレスによって起こるものもあることはご存知でしょうか。

 

現代人は常にストレスにさらされながら生活しているために、溜まりきったストレスによって頭が痛くなることもあるとされています。

 

ストレスを感じると、人間の脳はそれを解消させようとセロトニンという脳内物質の分泌を増加させます。

 

このセロトニンには精神を安定させたり良質な眠りをもたらしたりするなど様々な効果があるとされていますが、その一方で脳の血管を収縮させる作用が起こります。

 

加えて、体の方でもストレスに対抗するために血圧を上昇させたり脳の血管を拡張する、血流を増やすなど様々な作用が行われますが、それらの作用が結果的に頭が痛くなる原因となることがあるのです。

 

また、ストレスを感じることで自律神経が乱れることでも頭が痛くなるとされています。

 

自律神経には、緊張しているときに働く交感神経とリラックス状態のときに働く副交感神経があり、全身に分布していることから少しの刺激でも作用しやすい性質があります。

 

副交感神経が優位になっているときには頭部もリラックス状態にあるために頭が痛くなることはないとされていますが、ストレスがかかると交感神経が優位になってしまい緊張することで問う部位や全身の筋肉を収縮することで頭部を締め付け、結果的に頭痛が生じてしまうことになるのです。

 

このように、ストレスと頭痛には深い関係性があると言えます。

 

では、ストレスによって頭が痛くなってしまったらどうやって解消するのが良いのでしょうか。

 

まず、ストレスの原因となっていることを取り除くことが大切です。
たとえばストレスを感じる場所から逃げたりなるべく避けるようにするなどして、ストレスを感じていると思うことかガラから離れてみることを始めましょう。

 

頭痛の原因はストレスであるとはいっても、いくつかのストレスが重なっていたりなかなか離れられない場合もあるかもしれません。

 

会社や学校、家庭や近所付き合いなど離れるのが難しいことがストレスの原因となっている場合には、ストレスを感じたらそこで溜めずにその都度解消していくようにするのが良いでしょう。

 

映画やテレビドラマ、漫画を読んで思いっきり泣く、ある以下カラオケで友達とはしゃぐ、誰かに話を聞いてもらうなど様々なことを試してストレスを溜めずに解消していくようにしましょう。

 

かといって、ストレスを受けているときというのは通常の生活を送るのが難しくなる時もあり、暴飲暴食してしまったり睡眠不足になったり喫煙やアルコールの多量摂取など生活習慣が不規則になったりつい体に悪いことを求めてしまう傾向があります。

 

しかし、それらの不規則な生活が返って新たな頭痛の原因となることもありますのでこれらの行動を控えて逆に規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

心が健康でないときは何をやっても楽しく感じられなかったり、また行動が暴走してしまいがちですので頭痛を悪化させないためにもストレスを感じているときこそ早寝早起きをして栄養バランスのとれた食事を食べるようにするなど規則正しい生活を送るように心がけましょう。