肩こり頭痛 治す

MENU

肩こりからくる頭痛を治す

頭痛の悩みはとても深刻です。毎日頭がズキズキして重苦しい、そんな症状を抱えている場合、首や肩がバリバリにこっているケースが多くあります。特に、デスクワークや長時間同じ姿勢での作業を強いられる業務などをしていると、筋肉が常に緊張した状態になっているので、血行不良になってそれが痛みを招く原因になります。
頭の筋肉に影響を与えている後頸筋群や僧帽筋群を鍛えることは、肩こり頭痛を和らげる効果があります。後頸筋群は首の後ろにある筋肉で、頭を支える大切な部分です。僧帽筋群は肩から背骨にかけて存在している筋肉で、この部分の疲れがたまると肩がこりやすくなります。
姿勢が悪いと頭痛が起きやすくなるのは、頭を支える後頸筋群や僧帽筋群の負担が大きくなるためです。猫背や前傾姿勢は、直立した状態に比べると頭を支える力が強く働くので、その結果さらに筋力が必要になり、緊張状態が続いてしまいます。なるべく良い姿勢を保つことは大切ですが、仕事などで同じ姿勢を崩せない時はちょっとした合間にできるストレッチで、筋肉をほぐしていきましょう。
立ったまま、または座ったままでできるエクササイズでは、まず姿勢を正して顔を正面に向け、頭のてっぺんを紐で吊るされたような感じにして体の中心を動かさないようにします。そのままの姿勢で肘をまげて手を胸の位置まで上げます。最後に顔を動かさないように注意して、体を左右に動かします。そのままの姿勢で腕を前後に回す運動も効果的です。
また、ラジオ体操でおなじみの、足を肩幅に開いて片手を上げたまま体を左右に曲げる運動も、筋肉のコリをほぐす効果があります。ただ、どの運動も痛みがひどい時に行うと、さらに痛みが増してしまうことがあるので、痛みが激しくなった時には安静にしていましょう。
このようなエクササイズと併用したいのは、ズキズキに最適と言われるハーブを使った「ずきしらずの実」です。これは頭痛薬ではなくサプリメントなので、なるべく薬に頼りたくない時に便利です。使用されているのは、血管に働きかけたり炎症を抑える作用が期待できる植物などの天然素材です。
体のことを考えると、副作用をもたらす可能性のある薬は飲みたくないものですが、痛みを和らげるためには必要なものになっています。サプリメントやエクササイズで効果的に対策をしておくと、痛みが発生する頻度を少なくすることにつながるので、結果的に薬を飲む回数を少なくすることになります。
頭が重くなったり痛くなったりすると、集中力に欠けてしまうため、仕事や学業に影響が出てしまいます。その都度薬を使えば痛みを解消することはできますが、長期間の服用は体に対するデメリットが大きくなります。ずきしらずの実は化学的な物質が配合されたサプリではなく、植物を原料に作ったサプリメントなので、頭痛薬を控えたい方に最適です。ずきしらずの実についての相談や質問は、専用のフォームから簡単にできるので、サポートを受けやすいところも利用しやすい点になっています。

 

肩こりから頭痛の原因

頭痛といっても様々な原因がありますから、まずはどのような原因で起こっているのかということを知るということが大事になってきます。特に原因として多いものとして、肩こりを挙げることができます。もし、頭部から肩にかけて痛みがあったり、頭全体が締め付けられるような痛みがあるような頭痛の場合は、肩こりからきている可能性が高いです。理由としては、頭から首や肩の筋肉が緊張すると、血流が悪くなるので、頭も痛くなることが考えられます。他にも、めまいや体のだるさを伴ったり、後頭部や首筋などに痛みが生じたりといった特徴があります。このような肩こりからくる頭痛を改善させるためには、肩こりを改善させることが重要になってきます。まず、肩こりの原因としては、姿勢、ストレス、目の疲れ、運動不足、かみ合わせなどが考えられますから、もし、自分に該当するものがあれば、改善できるようにすることが大事になってきます。まず、姿勢に関しては、姿勢が悪いと、筋肉疲労が起こり、肩こりの原因となりますから、猫背の人は姿勢をよくすることで肩こりを改善させることができます。次に、ストレスについては、精神的にストレスがあると、肩こりの原因となります。ストレスを受けることによって筋肉を緊張させる交感神経が優位になり、常に神経が緊張した状態になるので、血流が悪くなり肩こりが生じます。目の疲れに関しては、長時間目を酷使することによって、眼精疲労が生じて、肩こりが起こる可能性があります。この場合は、なるべくストレスをためない、あるいはためたストレスを解消できる環境を作ることが大切になってきます。目の神経というのは体の筋肉と関係が深いので、目の神経が披露すると目だけではなく、頭の近くにある筋肉や首筋の筋肉が緊張して、血流が悪くなり肩こりの原因となります。この場合は、なるべく長時間のパソコンやゲーム等を避けたり、メガネが合わなければ、自分に合ったメガネに変えるなどの工夫が必要になってきます。また、眼科疾患がある場合は、早めに治療をすることが大事になってきます。次に、運動不足に関しては、運動不足の結果、筋肉の柔軟性が低下して、血流が悪くなるので、肩こりになることがあります。この場合は、なるべくゆっくりでもよいので運動をする習慣を身に着けるということが大事になってきます。次に、かみ合わせに関しては、あまり結びつかないと感じるかもしれませんが、肩こりを招く恐れがあります。なぜ、かみ合わせが肩こりと結びつくのかというと、かみ合わせが悪いと、あごの筋肉のバランスが悪くなり、姿勢が悪くなり、肩こりにつながってきます。かみ合わせについては、歯科に行って矯正を受けたり、インプラント治療をするなどの対策が重要になってきます。このように肩こりの原因にもいろいろとありますが、生活習慣を改善することで解消できるものもありますから、色々と試してみることによって、肩こりを解消し、さらには肩こりからくる頭痛も解消することにつながります。

 

 

肩こりから頭痛の解消方法

 

肩は心臓から押し出された血液が頭部に向かうための血管が通っています。そのため、その血管が何らかの原因で拡張したり収縮すると頭部へ流れる血液の量が多くなったり少なくなったりしてしまうため、頭痛が生じてしまいます。
肩こりが原因になる頭痛のほとんどは緊張型頭痛と呼ばれているものです。これは同じ作業を行って筋肉を使わなかったり逆に使わなさすぎることが原因となって筋肉に老廃物が溜まってしまい、その老廃物がスムーズに排出されずに筋肉にコリとなって蓄積してしまうため血行が悪化します。血行が悪化すると筋肉の老廃物はさらに排出されづらくなってしまうので頭部へ向かう血液の量が減ってしまうことが原因で頭痛になってしまいます。特に首筋の筋肉が弱い人ほど起こりやすいと言われています。子供から高齢者まで年齢性別問わず表れるのが特徴で、時々痛むタイプや慢性的に痛みが生じてしまうタイプなどがあります。
解消方法としては肩の筋肉の緊張をほぐすことです。一番簡単な方法はシャワーやドライヤーの温風を肩に当てて筋肉を柔らかくし、血行を促進して頭部へ流れる血液の量を増やす方法です。この時に注意したいのは片頭痛の場合には温めることで症状が悪化してしまうので、その場合には温めるのではなく冷やす方が有効です。また、筋肉の緊張から血管が収縮し血行不良を起こし、生じた痛みがまたストレスになるという循環を繰り返してしまいがちなのも特徴なので、痛みが生じた時に温めるという対処療法だけではなく根本を改善する治療も同時に行うようにすることが重要となります。
根本的な解決法として、肩や首の周りの筋肉を動かすようにすることです。入浴後は筋肉が温まっているので効率的に筋肉をほぐすことが出来ますが、仕事の合間などに肩や首を回す、姿勢を伸ばして大きく伸びをするという動作を数時間おきに行うだけでも効果が期待できます。仕事中にストレッチをする時間がないという場合には、肩に使い捨てカイロを貼っておくのも肩の周りの筋肉を温めて血行を促進する効果が期待できます。特に夏の冷房が効きすぎていることが原因で血行が悪くなっている時には効果的です。また、使っているパソコンがノートパソコンの場合、視線が下に行き過ぎて頭部が前に向いてしまうため首や肩の周りに不要な緊張が生じてしまいます。睡眠中に使う枕の高さが合わないというような要因も肩こりや筋肉の緊張が生じてしまう原因になってしまいます。これらの肩や首の周りの筋肉に緊張を生んでしまうような環境の改善を行っていくことも重要となります。物理的な面だけではなく、精神的な面でも肩の周りの筋肉が緊張してしまうことがあります。不安感や緊張、ストレスが溜まってしまうと身体は自然と筋肉に力を入れてしまうようになります。ストレスの解消を行うことも肩の周りの緊張感をほぐし、緊張型頭痛が発生するのを防ぐ働きがあります。自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。