市販頭痛薬おすすめ 生理

MENU

生理におすすめ頭痛薬ランキング

女性の生理では様々な体調不良が起きます。
とくに生理痛や頭痛に悩まされている人はたくさんいて、それに対処した解熱鎮痛剤もたくさんのメーカーから販売されています。

 

生理におすすめの頭痛薬をランキングで紹介してきます。
まず一番おすすめなのが「ナロンエース」です。

 

二つの鎮痛成分を配合していて痛みのもとや痛みの伝わりを阻止して、ダブルブロック処方による強い抗炎症作用で痛みを軽減して優れた鎮痛効果があります。
白とピンクの服用がしやすい三層の錠剤です。

 

次に「バファリンプラス」です。
これは辛い頭痛や発熱の症状に効果があり、胃に悪い成分を少なくして主成分は優しい解熱鎮痛剤を組みあわせて、痛みの伝わりを抑える成分と痛みを引き起こす血管拡張を抑えるなど三つの有効成分が加わっています。

 

もう一つ「バファリンルナi」は痛みの中枢と末梢の両方から素早く痛みを阻止して、生理痛と頭痛療法に早く効くダブル処方で、胃粘膜保護祖成分を配合していて胃にも優しいです。
眠くなりにくいため仕事中でも安心で小粒で飲みやすいのが特徴です。

 

宣伝でも有名な「命の母ホワイト」は11種類の三大夫人用漢方生薬が含まれていて、血行を促して身体を温めることで生理痛や頭痛、腰痛やイライラなどの心身不調や生理不順に冷え性などを改善します。
漢方の生薬が苦手でも飲みやすいように糖衣錠になっています。

 

また、日本で初めて鎮痛成分イブプロフェン200mg(1回2錠中)の配合剤として販売されているのが「イブA錠EX」です。
消化管粘膜への刺激が少なくて胃に優しい成分が配合されています。

 

フィルムコーティングと小粒の錠剤になっているので喉に引っ掛かることもなく飲みやすくて苦みも感じにくいです。
辛い生理痛や頭痛に高い効果が期待出来ます。

 

日本で初めて承認されたPMS(月経前症候群)のための「プレフェミン」もおすすめです。
チェストベリーの西洋ハーブのエキスを含んだ錠剤で、他の国でも一般用医薬品として使われていて欧州薬局方などの公定書に収載されていて、品質や有効性に安全性も評価がされています。

 

他にも「ロキソニンS」もよいです。
痛みを素早く抑える解熱鎮痛成分と胃を保護する成分を配合し、即効性や優れた効き目があります。
眠くなる成分などは含んでなくて飲みやすい小型錠剤で1回1錠飲みます。

 

1カプセルに痛みや発熱効果があるイブプロフェンを200mg配合した「リングルアイビー200」は有効成分のイブプロフェンが液状のジェルカプセルなので吸収がよく速く効きます。
眠くなる成分は入ってなく1日2カプセルまで服用が可能です。

 

毎日の生活の中でも生理痛などを緩和させることは出来ます。
入浴や足湯、カイロ、温かい飲み物を飲んで身体を温める事でも改善出来ます。

 

下半身を温める工夫を普段から心がけることが大切ですし、ストレスをためない工夫や努力も必要です。
他にも無理のない適度な運動なども行うのも良いです。

 

 

生理で頭痛になる理由

生理は子宮のある下腹部で起きているのに、辛い頭痛の症状が生理の時に現れることがあります。これは、生理のリズムを管轄しているホルモンのバランスがめまぐるしく変動することで脳が刺激を受けることが原因のひとつになっています。
女性のリズムは、卵子を育てながら子宮内膜を厚くするホルモン・生理を起こすホルモンと時期に応じていろいろなホルモンが分泌されることで一定のサイクルで生理がやってきます。そして生理中は、女性のサイクルのうちでも最もホルモンの分泌バランスが変動する時期にあたり、そのホルモンの大きな変動は脳にとって大きな刺激となります。
脳がホルモン分泌が大きく変動するという刺激を受け取ると、血管を拡張させるので頭痛が起こります。ホルモンバランスの大きな変動という刺激を受け取った脳が、その刺激を調整するために血管の拡張と血流量の調整をすることで起こるのが生理の時の頭痛のメカニズムです。
そのため、ホルモンバランスの変動を抑えることができれば生理の時の頭痛を緩和することができるわけです。しかし、生理を正常に起こすためにホルモンの分泌バランスが時期によって変動するのは異常ではありません。大切なことは、生理前後で大きく変動するふたつの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンによる脳への刺激を最小限に抑えることです。
この女性ホルモンが急激に変化するのを防ぐためには、生理中だけではなく普段から日常的に工夫が必要です。ホルモンは常に体内にあるものですが、その急激な変化をできる限り抑えることで脳が不快な刺激を受け取って血管の拡張と血流の調整を行うのを防ぎ、生理の時の頭痛緩和につなげることができます。つまり、痛くなってからではなく、普段から体のリズムを大切にしてホルモンバランスの崩れや乱れを最小限にとどめることで生理の時の辛い症状も次第になくなっていきます。
身体のリズムを普段から整えるためのポイントは、リラックスとストレス解消です。体が不自然に緊張するのを防ぐためには、一定の時間に寝起きをしたり食事の時間を決めること、朝はしっかり食事をして体を目覚めさせ、逆に夜は遅い時間に食事をしないなど自然にフェードアウトしていく生活を送ることで、体がいつどんな働きをするホルモンを分泌すればいいか混乱することがなくなってバランスの乱れが少なくなります。また、生理の前後で大きくホルモンのバランスが変わることは、脳にとって大きなストレスになっています。ですから、生理ではない時にできるだけ脳にストレスを与えないように心がけておくことで生理の時の辛い症状を軽減することが可能です。
脳は大きなストレスを受けると防衛本能で機能を縮小させますから、血行不良などが起こり生理の時の辛い頭痛などの症状に拍車をかけてしまいます。日常的に脳をリラックスさせておくことで、生理前後に正常なホルモンの変動が起こった時に脳が混乱しなくてすむという仕組みです。

 

生理頭痛を緩和する方法 薬以外で

 

生理は子宮のある下腹部で起きているのに頭痛の症状が起きるのは、脳の血管が拡張して血流量が変化することが原因のひとつです。脳の血管が拡張するのは、脳がストレスを受けて血管拡張によりそのストレスを調整するためです。
脳がストレスを受ける原因は、ホルモンの急激な変化です。女性の体内では、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが周期的なバランスで分泌されています。卵子を育て子宮内膜を成長させて排卵、そして受精卵の着床がなければ生理が起こります。これらのリズムは、それぞれの女性ホルモンが周期的に分泌されて正常に保たれています。
生理中は、女性のリズムの中でも最もホルモンの分泌バランスが目まぐるしく変わる時期です。こうしたホルモンバランスの大きな変化は、脳にとっては大変大きなストレスになってしまいます。脳はストレスを受けることで血管を拡張させて血流量を調整しますが、この時に頭痛の症状が起こってしまいます。このメカニズムにより、脳に大きなストレスを与えることを回避すれば血管の拡張と血流量の変化が起きないため生理の時の頭痛を和らげることができます。
しかし、生理の周期に応じて女性ホルモンのバランスが変動することは異常ではありません。大切なことは、普段から脳がストレスを受けにくい環境を整えること・体内のリズムを普段から整えておくことです。
そのためには、睡眠や食事のリズムがとても大切です。起床や就寝、食事の時間をできるだけ一定にする生活を続けることで体のリズムが整い、女性ホルモンもいつどんな働きをするホルモンを分泌すればいいか体が混乱しなくなります。すると脳にとってのストレスが少なくなり、辛い頭痛が起こりにくい環境へと変わっていきます。朝はしっかり体を目覚めさせ、逆に一日の終わりは食事も早めに切り上げて睡眠に向けてフェードアウトしていくことが体のリズムづくりの基本と言えます。
また生理の時の頭痛緩和には、脳にとってのストレス解消も大切です。生理の時には、どうしてもホルモンのバランスが大きく変動して脳にとってのストレスになりがちです。生理以外の時に、日常生活の中で脳にとってのストレスをできるだけ軽減しておくことで、生理の時のホルモン変動を脳が適切に処理でき血管拡張や血流の変化を最小限にとどめることが可能になります。
脳のストレスを緩和しておくためには、視覚や香り、味、触感といろいろな感覚で自分をリラックスさせることがポイントになります。ストレッチや入浴で体をほぐしたり、アロマオイルなどを上手く使って香りでリラックスするなどは大変よい方法です。自分をいたわり大切にすること、褒めてあげることで生理の時に大きなホルモンの変動があっても脳が対応できる範囲が広がって快適に生理期間を過ごせるようになります。
また、体のリズムを整えて生理の時の頭痛を緩和するサプリメントを活用するのもひとつの方法です。