MENU

頭痛薬を飲む間隔や時間とタイミング

頭痛薬と言うとどうしても副作用が気になったりクセになるからと服用をせず自然に治そうとしてしまう方が多くいます。ただ本格的に痛み出してどうしても我慢ができずに飲むのであれば原因物質が増えすぎているので鎮痛効果が薄くなってしまいます。効かないからと更に薬を飲み足して結果的に多く服用しすぎてしまっていては逆効果です。それにしっかり効果を与えるための強い薬となると通常のもの以上に副作用も強いです。それよりは本格的な痛みとなる前の初期段階で薬を飲むようにしておいた方がよっぽどいいのです。

 

ただ、毎回服用しているとクセになるというのは本当です。薬物乱用性頭痛と言って薬の効果が切れることで頭が痛くなるという病気もあるのです。発生のメカニズムははっきりと分かってはいないものの、薬の乱用で脳の痛みを感じる中枢神経が敏感になっているのでないかと言われています。手軽で即効性があるからと頼りすぎて依存してしまうのは危険なのです。うまく付き合っていく必要があります。

 

薬物乱用性の痛みが起こらないためにも胃の中に何か入った状態で服用するようにし、多めの水も一緒に飲みましょう。依存性の高いカフェインの入っていないもの・痛み止め成分が一つのものを選ぶようにしましょう。アスピリンやイブプロフェン・エテンザミドなど痛みを止める成分は主に6種類あり、これらが単体・あるいは複数配合されることでさまざまな薬が作られているのです。服用間隔は3時間以上開けるようにします。週に2回・月に10回程度までの利用に留めておきましょう。片頭痛の起こる回数というのもつきに1回か2回程度が通常で、多くても週に1回か2回程度なので薬で痛みを止めることはできるでしょう。

 

ただ薬はあくまで神経を緩ませ痛みが消えたように思わせているだけです。根本的な解決に努めるようにしましょう。
薬を飲むことなく安心安全な成分で日頃から改善に努めたいというのであればずきしらずの実というサプリメントがおすすめです。サプリメントなので副作用の心配はありません。

 

身体のリズムが激しくなりズキズキと痛み出すのを防ぐための夏白菊・フィーバーフューや塩化マグネシウムをふくむにがりが入っているので、服用を続けることで日常に痛みを感じる回数が減っていくでしょう。
万が一痛みが出てきてもそれを軽減する働きを持つオオイタドリというのも入っています。

 

これらの成分はいずれも植物由来です。そのため薬を飲むよりもずっと安心安全なのです。それに90パーセント以上の人が痛みの緩和を実感できており効果にも自信があります。

 

頭痛の痛みがあると少しでも身体を動かすと激しくなるので日常生活を送ることも困難になります。吐き気や食欲のなさを感じたり周囲がうるさく感じるなど二次被害を受ける方もいます。月に1回か2回であってもそのような痛みを経験するのは大変です。それよりは早めに薬を飲んだり、根本からの改善に努めるようにしましょう。

 

いつ飲むの?

 

現在多くの人が悩まされている、頭痛。
よく聞く片頭痛は女性のものというイメージでしたが、最近は男性の間にも広がっていると聞きます。
何の前触れもなく、突然頭の片側だけ、後頭部だけ、など一部だけが痛み出す厄介なもの。人によって痛みに差はあるものの、収まるまで目の前のことに集中できないほどつらいものであることに変わりはありません。
また、これも最近増えているのが、肩や首が筋肉痛になることによっておこる緊張型の頭痛。
パソコンの前で一日作業することが多い方には覚えがあるかもしれません。
頭皮全体がキューっと締め付けられたように痛むのが特徴で、なんとも独特な嫌な痛みがあります。
基本的に痛みの多くは心配のないものと言われています。
頭を鈍器で殴られたような痛みがある、発熱する、吐き気があるなど、明らかに脳の病気を疑わなければいけない深刻なものも中にはありますが、その心配がない場合、頭痛薬などの鎮痛剤に頼ってみるのもいいかもしれません。
基本的に、鎮痛剤を飲むのにベストなタイミングは、痛みが本格的になる前、なるべく初期の段階で服用することです。
なるべく薬を飲みたくない!と我慢を重ねる方もいますが、長引く痛みに耐えることで大変なストレスを抱えてしまいますし、痛みに耐える行為そのものが健康にはよくありません。
それに、痛みがひどくなってから服用しても、薬の効果が薄れてしまいます。
痛みでヘトヘトになる前に、適切な量を服用してリラックスして過ごしましょう。
注意したいのは、痛みが始まる前に薬を飲んでしまうこと。
慢性的に痛みに悩んでいる方に多いようです。少しでも予感を感じると、予防的に慌てて薬を飲んで安心したい気持ちはわかりますが、薬を服用することがあまりに頻繁になったり、機械的な作業のようになってしまうと体にもよくありません。
ひどい場合には薬が原因で痛みを起こしてしまう、いわゆる薬剤起因性頭痛になってしまうかもしれません。
薬に依存する体質にならないよう注意しましょう。

また、頭痛を起こさない、起こしても悪化させない工夫も大切です。
疲れているからといって休日に睡眠をとりすぎない、また極端に睡眠時間を削らない、ストレスをためすぎない、アルコールを摂りすぎない、など健康に気を配りましょう。ジャンクフードなど体に悪いものを多く摂っている場合も注意が必要です。
ヨガやピラティスなどで根本からの体質改善に励むのもいいかもしれません。
また、もし痛みが起きてしまったら、鎮痛剤の代わりにコーヒーや紅茶を一杯飲んでみるのもいいでしょう。
コーヒーなどに含まれるカフェインには鎮痛作用もあるそうです。薬を飲むことにどうしても抵抗のある人は、カフェインで痛みを抑えることも一つです。
お風呂やサウナなどで血行をよくし、血管を拡張して痛みを抑えるのも有効です。
痛みに耐えるのは本当につらいもの。なるべく内側から健康になって予防につとめ、もし起きてしまってもなるべく早く軽減したいものですね。
飲み物や鎮痛剤をうまく使って、痛みに向き合っていきましょう。