MENU

空腹時に飲んでも大丈夫?どうなるの危険性は?

頭痛持ちの人は意外と多いものです。頭が痛くなると、育児や家事、勉強、仕事など普通の生活を送るのも大変になります。人によっては、寝込むような痛みを発症してしまい、学校や会社を休んでしまうこともあります。人にはわからない痛みのため、第三者から理解をしてもらえにくいといった点もあります。痛み止めは、たくさんの市販薬が発売されていますが、どれが自分に合っているのかを見極めるのは非常に大変なことです。また、こうした市販薬を飲み続けると、農家便といった別の症状を起こしてしまう原因にもなりませんし、脳卒中や動脈硬化のリスクが上がるということも知られています。ですから、頭の慢性的な痛みでは、なるべく薬に依存せず、予防対策をする必要があります。予防対策には、食生活や生活習慣などを見直して改善するという方法もあります。私たちが生活する現代社会は、ストレス社会とも呼ばれているため、乱れた生活を改善することでそれなりの効果が表れます。しかし、頭痛をはじめとするストレス社会だからこそ起こりうる体調不良の解消には、「ずきしらずの実」がおすすめです。過ぎ知らずのサプリメントは、普通の痛み止めとは違い、痛みが起きてから対策する薬ではなく、頭痛がおきないようにすることを目的にしたサプリメントです。主成分はハーブで出来ているサプリメントですから、体をいたわることをしながら予防対策することができます。特に片頭痛に効果を発揮するサプリメントです。痛みが起きてから痛みを和らげるために飲むのではなく、体質から改善させることができるようになっています。フィーバフューやにがり、オオイタドリなどの頭の痛みに効く成分が含まれているため、その効果は期待できます。あくまでも薬ではなく、ハーブが中心のサプリメントですから、薬に頼りすぎることを不安に思う必要もありませんので安心して飲むことができます。また、予防対策のために飲むサプリメントですから、継続して飲み続けることでより効果を発揮することができます。ずきしらずの実は体質を改善するものですから、効果を期待するまでにはある程度の時間が必要だといえます。臭いのないサプリメントですから、無理なく飲み続けることができますし、学校や会社で飲むことにも問題ありません。飲み続けて効果が表れると、今までは定期的に頭が痛くなっていたものが、頭の痛みがおきる回数が少なくなり、最終的には痛みがおきないというほどの効果を得られることができます。自然由来成分をふんだんに使用して作ることで、飲み続けることでの体への負担を心配する必要もありません。また、サプリメントですから、いつどのタイミングで飲んでも問題ありません。大切なのは、飲み忘れを防ぐことですから、出来るだけ習慣化することのできるタイミングで飲むようにしましょう。空腹時でも構いませんし、食後でも構いません。ご自身が長く継続して飲み続けることのできるタイミングで飲むことが重要です。頭の痛みでお悩みの方は、頭痛・片頭痛サプリメントのずきしらずの実を一度試してみても損することはありません。

 

 

頭痛薬飲みたいけど空腹の時はどうしたら良い?

 

日本人に多くのが、頭痛です。なぜ頭痛が起こってしまうのかいえば、まずは天気の変化があります。それも天気がとてもよくて高気圧に囲まれているようなときは、頭痛があまり起こりませんが、問題は低気圧です。低気圧が近づいて天気が崩れるとか、台風が近づいてくるというときに頭痛を感じる人はとても多いです。これを別名、気象病とも呼ばれています。気圧が低くなっていくことで頭蓋骨内の圧力の変化があります。脳が全体的に膨張をして血管が収縮してしまいます。さらに血管が拡張してくることによってその周辺にある三叉神経が刺激されてしまうことで、痛みになります。頭全体に痛みがあることもありますが、片側だけに脈打つような痛みが走るのが片頭痛と呼ばれています。さらには、緊張がゆるむことによって痛みがでることがあります。毎日張りつめて仕事をしている人が週末になってリラックスしたときに、痛みを感じるという例がそうです。これも原理としては上記と同じですが、血管の収縮によって神経が刺激されるというのは同じです。このような痛みがあったときには、多くの人が頭痛薬に頼ることになります。
その薬は炎症を抑え、痛みを速やかにとってくれるので、多くの人が利用しやすい薬ですが、飲み方には注意事項があります。
それは空腹時には飲まないということです。なぜならそのような痛み止めの薬には胃の粘膜の分泌を減少させてしまいます。
そのため、副作用として胃の痛みや胃のむかつきなどを起こす可能性があるのです。ですから空腹時は避けたほうがいいのです。ただ、痛みを抑えたいときには、のんびりとしている余裕はありません。ですから薬を飲むときはコップ一杯のお水で飲むのがいいとされています。これはできればお水で飲むのがいいとされています。それには理由があります。アルコールと一緒にのんでいけないのはいうまでもないのですが、お茶やコーヒーなどには、カフェインが含まれているために副作用が強くでてしまう可能性があります。ですからなるべくお水をしっかりと飲みながら薬を飲むことが必要です。ただどんなに、慢性的におこるものだと思っても1か月に10回以上も薬に頼る状態はよくありません。そのときは脳外科などで受診をうけるとか、脳ドックをうけてみることが必要です。
じつは痛みには大きな病気が隠れていたということがあるからです。さらにとくに病気ではないのに慢性的な痛みが起こるというときは、対処法を考える必要があります。一番は体を休ませるということです。それも光がはいる部屋にいると余計に痛みが強くなる傾向があるので、部屋を少し暗くして痛い部分を冷たいタオルで冷やすというのもいいです。さらにはストレッチをするということです。
もちろん痛みのあるときは、できませんが、痛みの治まっているときに、肩甲骨を回したり肩こりにならないように首をマッサージをするのもいいでしょう。ヨガをはじめるのもお勧めです。

 

頭痛薬空腹で飲むとどの様なリスクがあるの?

現代は慢性的な頭痛に悩んでいる人が増えており、ドラッグストアなどで販売されている市販薬を服用している人が大勢おられます。
頭痛薬は脳の血管を広げる働きがあるため、血流を促進して痛みを抑える働きがありますが、服用をする時にはいくつかの注意点があります。
市販の頭痛薬は、胃腸に負担の掛かる商品が多いため、空腹時に服用をしてしまうと、胃腸に負担が掛かりやすくなります。
胃腸の負担を減らすためには、食後すぐに服用をするのがお勧めしたいです。
頭痛はずきずきとした痛みを感じることが多く、仕事や家事に悪影響が出る場合が多いので、市販薬を服用している人がほとんどですが、どうしても空腹時に服用したい場合は、胃薬を一緒に飲むようにして下さい。
現代はパソコンやスマートフォン、タブレットを長時間使用している人が多いので、眼精疲労などが原因で、脳の血流が悪くなってしまい、痛みを感じる人が大勢おられます。
薬を服用すると痛みが治まる場合は、特に問題がない場合が多いですが、長期間の頭痛で悩んでいる人は、念のために脳神経外科で精密検査を受けて下さい。
脳の病気が原因で頭痛が起きている可能性があるので、レントゲンやCT、MRIなどの検査を受ける必要があります。
ドラッグストアなどで販売されている市販薬は、安全性の高い成分で作られているので、比較的副作用の少ない商品が多いですが、服用する時は決められた分量をきちんと守って服用する必要があります。
鎮痛剤は痛みがない時に飲んでも効果がないので、頭部の痛みを感じた時に、たっぷりの水か白湯で飲むようにして下さい。
市販薬を服用する時は、箱の成分をきちんと確認して、取扱説明書にきちんと目を通しておく必要があります。
脳神経外科のクリニックに通院をすると、必要がある場合は内服薬を処方してくれます。
薬剤師が薬の効能や副作用をきちんと説明をしてくれますが、市販薬と同様に胃腸に負担の掛かる薬がほとんどです。
病院やクリニックで処方された薬も、なるべく食後に服用するようにして下さい。
食後にお茶を飲む習慣のある人は、ついついお茶やジュースで飲んでしまう人もおられますが、薬の効能に影響が出てしまう場合があるので、避ける必要があります。
鎮痛剤は正しい方法で服用すると、30分から40分程度経過すると、少しずつ効いてくるので、辛い症状が緩和されてきます。

我慢できない痛みで、家事や仕事に影響が出ている場合は、薬を服用するとラクになります。
胃潰瘍などの胃腸の疾患に罹っている人は、医師や薬剤師に服用している薬をきちんと話しておく必要があります。
現代は優れた医薬品が開発されているので、正しく服用すると優れた効果が期待できますが、きちんと用量を守るようにしたり、たっぷりの水で服用することで胃腸の負担を減らせるようになります。
空腹時に薬を服用すると多少のリスクはあるので、きちんと理解をしておく必要があります。