頭痛の時は冷やす温める

MENU

頭痛の時は冷やす温める

突然何かが落ちたかのようにやってくる重くずきずきとした頭痛を何とかしたいと、本気で悩んでいる方は少なくありません。ずきずきと重い感じになってから、冷やすのがよいのかとか温めるのが効果的なのかとかいろいろ試みても、結局は集中できずにボーッとしてしまういうのが頭痛と長い付き合いになってしまっている方の共通の悩みです。
ずきしらずの実は、不快なずきずきを本気で何とかしたいと思っている方のために研究され開発された植物由来のサプリメントで、モニターとして使用された方の90%以上の方が快適生活を実感されています。90%以上もの方が納得のサプリメントが誕生した背景には、自分自身が辛い頭痛に悩んでいたスタッフの方が商品化のために研究を重ねたという経緯があります。
その結果モニター調査で驚きの結果を出すことができましたが、商品化のためにはコストというネックがありました。と言うのも、ずきしらずの実は本当に良い材料だけを厳選した少量生産のために採算を考えていると商品化が難しいという壁に当たってしまったのです。
ずきしらずの実のメーカーでは、採算をとるか利用者の悩みを解消するかで二者択一を迫られた結果、赤字覚悟で商品化に至ったのが頭痛に苦しむ方のサプリメントずきしらずの実です。
ずきしらずの実が90%超という多くの方に実感されているのには、理由があります。それは、市販品の多くが重たい嫌な感じがやってきてから対処するものであるのに対し、ずきしらずの実は、嫌な感じがやってくるか数が少なくなった・前とは重さのタイプが変わってきたといった実感をしている方が多いことです。そしてその秘密は、頭痛の嫌な感じが体内で「ドクンドクン」というリズムが強烈になってしまうと不快な頭重感に襲われるところに着目している点です。
ずきしらずの実は、何度も研究を重ねて体内の「ドクンドクン」いうとリズムが激しくならないよう、また起こってしまった時にはそれを楽にする成分と組み合わせにたどりついて作られています。その成分は、体内のリズムが激しくなるのを抑え不快な頭重を緩和する夏白菊(フィーバーフュー)、天然のミネラルである塩化マグネシウムがリズム調整作用を持つにがり、アイヌの人々が古来和漢薬として珍重したおおいたどり(大痛取 )の3つで、実感度が最高となる配合比で組み合わされています。この成分はいずれも薬品ではなく植物や天然由来のものばかりなので、痛み対策で毎回薬を飲むのが心配という方にも安心な内容です。
ずきしらずの実を実際に使っている方には仕事でパソコンを使ったりして週に何回かは頭を抱えていたという方が多いのですが、無理やり何とかしなくても自然にスッキリすることが多くなったといった喜びの声がたくさん寄せられています。またずきしらずの実を購入すると、専任のアドバイザーさんと健康管理士によるサポート体制が整っているのでちょっとした不安もすぐに相談することができて安心です。

 

頭痛の時に冷やしても症状が緩和しない時の対処方法

頭痛の原因にはいくつかの種類があります。
種類によって対処法が異なりますので適切な対処をしましょう。
まず、ズキズキと脈打つような痛みがあるのが「偏頭痛」です。
頭の血管が何かしらの刺激により拡張して炎症が起きるのが原因です。
血管が拡張しているので冷やすことにより拡張を抑えることができます。
「偏頭痛」には頭を冷やすことが有効ですが、冷やしても症状が改善しない場合は次のことを試してみましょう。

 

対処法1 暗い静かなところで横になる
痛みがあるときに体を動かすと痛みが増します。光や騒音も痛みが増す原因になりますので、なるべく静かで刺激の少ない暗い場所で横になります。眠って起きると改善することもありますので、ゆっくり睡眠を取って休みましょう。

 

対処法2 カフェインを取る
カフェインには血管を収縮する作用があります。痛みが出始めた早期の内にカフェインを摂取すると痛みが和らぐ場合があります。ただ、毎日大量にカフェインを摂取するとかえって痛みを誘発することがありますので注意が必要です。

 

対処法3 こめかみや痛む部分を指で圧迫する
血管を圧迫することによって血流を抑えることができます。血流を抑えると血管の拡張を抑えることにもなるので結果的に痛みを緩和することができるのです。また、はちまきをして圧迫するのも効果的です。

 

肩や首のコリ、ストレスから起こる「緊張型頭痛」には頭を冷やすことは逆効果になります。
「緊張型頭痛」はデスクワークで姿勢が悪くなったり、枕が合わない、体が冷えているときなどに筋肉が緊張して起こります。また、仕事や家庭でのトラブルなどのストレスも筋肉の緊張を高めて頭痛を誘発する要因になります。
リラックスして緊張をほぐすことが大切です。
簡単なストレッチをしたり、体を温めることで筋肉のコリをほぐしましょう。
また、ストレスをためないように予防することも大切です。

 

対処法1 ストレッチ
@正面を向いて真っすぐに立ち頭を動かさないようにします。
A両手を胸の高さまであげてキープします
B体の軸がぶれないようにして両肩を左右交互にまわします。
このとき頭を動かさないようにします。
1回2分程度でOKなので簡単です。
座ったままでも大丈夫ですので、デスクワークの合間にできるのもいいですね。

 

対処法2 体を温める
肩や首のこっている部分に蒸しタオルをあてて温めるのも効果的です。マッサージをしても体が温まります。
また、お風呂にゆっくりとつかり軽いストレッチをするのもおススメです。

 

対処法3 気分転換
仕事中であれば、その場所をはなれ外の空気を吸ったり、散歩をしてみるのもいいです。
軽いウォーキングやジョギングを習慣にすると、筋力UPやストレス解消にもなるので予防として効果的です。

 

それでも痛みが治まらないときには、鎮痛剤を服用する方法もあります。
しかしあくまで薬は一時的に痛みを和らげるために使用するものと考えて、症状が治まらないときには受診して適切な治療を受けましょう。

 

 

 

頭痛で温めて良い時とは?

 

頭痛は原因によって温めて良い場合と冷やした方が良い場合があります。間違えて逆のことをしてしまうと痛みが悪化してしまうことがあるので、まずは原因をしっかりと見極めることが重要になります。
冷やした方が良い場合は偏頭痛です。痛みの原因は脳の血管が何らかの原因で拡張してしまい、脳の神経に刺激を与えることで痛みが生じてしまうからです。そのため血管を冷やした方が症状を軽減できるので痛みがある部分を保冷剤などで冷やすようにします。冷やす場所に保冷剤を当てにくいという場合には首を冷やすことで脳に流れる血液を冷やすことが出来るので、冷えた血液が流れる血管を収縮する作用が期待できます。この場合には温めると余計に血管が拡張して脳に多くの血液が流れ込み神経に刺激を与えることになってしまうので、暖めるのは厳禁です。また光や音と言った外部の刺激にも敏感になってしまい、騒々しいところにいると症状が悪化してしまう可能性があるのでできれば暗くて静かな場所で安静にしておくようにしましょう。
逆に温めた方が良い場合は緊張型頭痛です。これはずっとパソコンを触っていたり、不自然な恰好をしていたせいで肩や首の筋肉を使わなかったり逆に使いすぎてしまったせいで本来なら血液と一緒に流れて行ってしまう老廃物が残ってしまっていることが原因となり、血行が悪くなり、神経を刺激してしまうことで引き起こされるものです。血行が悪くなってしまったことが痛みの原因となっているので、この場合には温めるのが有効です。温めるのは痛みがある場所ではなく、肩や首などで血行不良が起こっている場所です。コリがあったり、触ると痛みがある場所の周辺を温めるのが有効です。ゆっくりと肩までお湯に浸かったり、シャワーを首や肩に当てて筋肉を温めると血行を促進する効果が期待できます。入浴する時間がない場合にはドライヤーの温風を当てたり使い捨てカイロを肩の周りに貼ることで筋肉を温めて血行を良くするようにしましょう。筋肉を温めるのと同時に首や肩をゆっくりと回して筋肉を動かすストレッチなどを行うと、筋肉を温めたこととの相乗効果も期待できます。これによって血行が良くなれば痛みがだんだんと軽減されて行きます。
痛みがある時には「この頭痛はどっちなのか」ということを明確に判断しにくいものですが、簡単な判断方法があります。それは痛みの種類です。痛みがこめかみから目のあたりにかけて、ずきんずきんと脈に合わせるような痛みがあるものの場合は偏頭痛です。また、お辞儀をして、そのままで頭を振って痛みが酷くなる場合には偏頭痛だと言われています。これは血管が拡張したことで起こるもののため、頭を下げると血液が頭部に集まるので痛みが強くなるという特徴があるためです。痛みが強くなる可能性もあるので辛いかもしれませんが、それ以降の処置の方法を決めるためのものなので、我慢して行ってみてください。