市販頭痛薬おすすめ

MENU

頭痛薬効き目の時間はどの程度?

頭痛にもいろいろな種類があるのですが、大きくわけると「生体反応」「病気の徴候」「慢性」の三つです。

 

一つ目は二日酔いのときやアイスを食べたときにキーンと痛くなるような頭痛のことで、誰にでも起こります。
二つ目は脳の病気などが原因で起こるもので、命にかかわる場合もあるので要注意です。
三つ目は偏頭痛や緊張型のようなもので種類によって痛み方もさまざまです。

 

ここでは三つ目の慢性のものへの薬の効き目やサプリメントについてご紹介します。

 

頭痛薬を飲んだ場合、1時間以内には効果があらわれるといわれていますが、飲む人の体調などにもよって差があることもあります。30分ほどで効果が出るものもありますが、即効性のあるものではありませんし、1ヶ月に10日以上飲むなど、飲みすぎると薬物乱用性頭痛になってしまうこともあります。

 

そもそも薬以外に頼れるものはないのでしょうか?

 

悩んでいる方必見のサプリメントが植物由来の「ずきしらずの実」です。

 

薬ではなく健康食品なので安心してお飲みいただけます。

 

「ガンガン痛み、何かが落ちてきたような重たい感じをどうにかしたい」という研究員の提案から始まり、数年間研究を重ねた結果できたのが「ずきしらずの実」です。

 

商品化する前のモニターでこれを飲んだ人のうち90%以上の人が改善を実感できたそうです。

 

しかし良い原料を厳選しているため少量生産しかできず、採算がとれないという商品化にあたっての大きな壁にぶち当たりました。

 

開発した研究員が社長に相談したところ「赤字になってもかまわないからお客様の悩みを解決しよう」ということで商品化することができました。

 

市販の薬は重たい感じが起こってからの対処でしたが、ずきしらずの実は体調自体が改善されていると実感している人がほとんどでした。

 

不快感が襲ってこないような成分として夏白菊、にがり、オオイタドリが配合されています。
夏白菊とにがりは体のリズムを整えて不快感を和らげてくれ、オオイタドリはアイヌ民族が昔から使っていたもので重たい感じを軽減する働きがあります。

 

ずきしらずの実を作っている会社には健康管理士と専任のアドバイザーが多く常駐しているため、しっかりサポートしてもらえます。初めて試す方には非常に心強いシステムですね。

 

またセールスを一切やっておらず、はじめての方でも満足してもらえなかった場合の全額返金保証制度が整っています。

 

ずきしらずの実を飲んだ人からは喜びの声が聞こえてきます。
「飲み始めて1週間ほどで気分がすっきりした」「1週間に2度ほど頭を抱える日があったが、1週間に1度も頼らなくてよくなった」など、長年悩んでいたものが解決したようです。

 

今までどんな薬を試しても効かなかったという方、ずきしらずの実をぜひお試しください。頭痛が治れば今よりずっと快適に過ごすことができます。「なんであんなに悩んでたんだろう」と思う日がくることを期待しています。

 

頭痛薬を飲む間隔は?

頭がとても痛くて仕方がない時は、頭痛薬に頼りましょう。我慢してしまう人もいますが、早めに飲んだほうが効きやすいこともあるので、無理をしないで飲んだほうが良いでしょう。薬を飲んだら痛みが治まってよかったと思っていたけれど、徐々にまた痛みがぶり返してきませんか。薬の効き目が切れてしまうと、また痛みが出てくることもあるでしょう。こんな時、困ることがあるでしょう。どれくらいの間隔をあけてから飲んだほうが良いのだろうかということです。すでに痛みがあるから早く飲みたいけれど、まだ飲まないほうが良いのではないかと不安に思うこともあるはずです。

 

やはり、パッケージの説明書通りに服用することが最も重要なことです。よく何時間開けてから空腹時を避けて飲んでくださいというようなことが書いてあるでしょう。この通りにすることがポイントです。市販されている頭痛薬であれば、必ずこのような文言が書いてあるでしょうし、処方箋であっても渡される説明書に説明が書いてあるはずです。そこに記載されている通りに飲んでください。

 

基本的には、大体4時間おきくらいに飲むようにしましょう。多くの場合は4時間以上間隔をあけて飲むようにと指示されているからです。そして、1日に飲むことができる回数が3回までというように、何回まで飲んでも良いのかまで指定されていることも少なくありません。これらの注意事項は、薬を手にした時に必ず確認しておいてください。痛みに苦しんでいるときは、説明書どころではなくなっている可能性があるためです。事前に確認しておいて、大事な飲み方を頭に入れておけば、いざというときも困らなくて済むでしょう。

 

以上に書いた間隔は、一般的な事例です。必ず自分が手にした頭痛薬の説明を確認してください。中には6時間以上間を開けてから飲んでくださいと指示されていることもあります。また、1日2回までと少ない回数を指示していることもあります。薬の種類によってもかなり飲む間隔が変わってしまいますから、これまで飲んでいた薬から他の薬に変えるときも必ず説明書を確認してください。薬が変われば、飲み方も変わります。

 

どうしても痛みが治まらなくて、違う薬に変えようと思った場合は、やはりどれくらい間隔をあけてから飲むかによって違ってきます。一般的には4時間開けてから他の薬を飲むことになりますが、中には6時間以上開けてからでないといけない場合もあります。自分が飲んだ薬の指示にここでも従わなくてはなりません。

 

種類が違えば、飲み方も変わってしまうことを頭に入れておけば、常に頭痛薬の説明書を確認できるようになるでしょう。どうしても効き目が感じられないからと言って、あまり間隔を開けないで薬を服用しないようにしましょう。どうしても痛みが治まらないときは、薬に頼るだけではなく、安静にしたり、医療機関を受診する必要もあります。自己判断せずに、薬は正しく服用してください。

 

 

頭痛薬が効かない時はどうしたら良い?

頭痛になったから薬を飲んでみたけれど、効かなくて困っていませんか。もっと服用したほうが良いのだろうかと思って、多めに服用する人もいるかもしれませんが、副作用が出る恐れがありますので、決められた量以上を服用することはやめてください。他の薬に変えるのも危険です。同じ成分が重複してしまうことで、やはり副作用が出る恐れがあります。だから、薬にばかり頼ることはあまり考えないほうが良いのかもしれません。

 

どのような症状であるのかによっても変わってきますが、薬が効かない場合は片頭痛の可能性があります。この場合は、薬に頼るよりも安静にしていれば、1時間くらいで落ち着いてくるはずです。そんなに待てないということもあるでしょう。よくこのようなことが起こるようであれば、一度は医療機関を受診してしっかり治療したほうが良いのではないでしょうか。

 

また、緊張しているときに頭が痛いと感じる緊張型頭痛も薬が効かないでしょう。パソコンなどを長時間使うことでもストレスが溜まってしまいます。だから、パソコンを長時間使う仕事をしている人に多いと言われています。日ごろから同じ姿勢を続けないようにするなどの対処をして予防したほうが良いでしょう。すでに、頭が痛いと感じており、ストレスなどが原因だとわかっているのならば、軽くストレッチをしたり、体を動かしてみてください。じっとしているよりも、体をほぐしたほうが痛みが取れるでしょう。思いっきり体を動かすのではなく、できる範囲で体を動かすだけでも十分効果が期待できます。だから、トイレなどで軽くストレッチをするだけでも痛みが和らいでくるはずです。

 

生理痛やPMSで起こる頭痛であれば、横になるなどして安静にしておいたほうが良いです。ホルモンバランスが乱れているので頭が痛くなっています。しばらく安静にしているうちに痛みが和らいでくるでしょう。無理をしないで休むことも時には必要です。

 

ただし、危険なこともあります。くも膜下出血を起こしている場合も考えられます。頭頂部から後頭部にかけて激痛がする場合は疑ったほうが良いかもしれません。前兆がある場合もありますが、何もなく突然激痛に襲われることもあります。かなりの激痛ですし、我慢できるようなものではないはずです。この場合は、すぐに医療機関を受診してください。救急車を呼んで、すぐに治療を開始しましょう。命にかかわる病気ですので、一刻も早く治療しなくてはなりません。

 

症状によって、頭痛薬が効かないときの対処法が変わってきます。安静にしていたほうが良い場合もありますし、逆に体を動かして血流を改善したり、ストレスを解消するなどしたほうが良い場合もあります。自分はどこに当てはまるのかをよく考えてから、自分なりの対処法を行ってみてください。そうすれば、きっとつらい痛みからも早めに解放されるでしょう。頭痛薬がどうしても効かないときは、以上のことを試してみてください。