偏頭痛の薬

MENU

偏頭痛の痛みに人気おすすめの有名な薬

<脈打つ偏頭痛に効く市販薬!実際に効いた薬を紹介>

 

脈打つような偏頭痛はとても不快で気になる頭の痛みです。脈打つような偏頭痛は効く市販薬がなかなかありませんが、色々試した中で実際に効いた薬がいくつか見つかったので今回はそれを紹介してみようと思います。

 

<漢方薬とハーブの力!ズツノンDr.>

 

偏頭痛は継続的に頭がズキズキしたりガンガン痛んだりと、とても不快な症状が長時間続きます。腹痛よりはマシなような気もしますが、偏頭痛が起きると何をする気も起きないというか、やらなきゃならない事があっても思うように身体が動きません。

 

偏頭痛の市販薬は一時的に痛みを止める事が出来るものもありますが、偏頭痛持ちの人が願っているのは痛みを繰り返さない事です。ですが偏頭痛は医者に通ったとしても症状が再び出なくなるようにさせるのは難しく、市販薬ならそれは尚更です。

 

なんとか痛み止めの頭痛薬で騙し騙し生活していくしか無いのでは?と思っていましたが、最近になってズツノンDr.という偏頭痛解消サプリに出会いました。これを知った時はなんだ…サプリメントか…。と妙に冷めた目で見ていましたが、成分を調べてみると漢方薬とハーブがミックスされたものだという事がわかりました。

 

漢方薬もハーブも現代の医学ではサブ的な位置づけになっていますが、大昔には医療に用いられていた過去もあります。現在でも一部のハーブは外国で医薬品として扱われもしているんです。

 

なのでこれはもしかしたら偏頭痛に効くかもしれないと思って試してみました。ズツノンは偏頭痛の原因として考えられているストレスや疲労、喫煙・飲酒、体内リズムの乱れといった事に対して働きかけてくれる成分を11種類含んでいるそうです。

 

上記の原因に関してはちょっと漠然としすぎているな〜と思っていたら、偏頭痛を引き起こす直接的な原因になっている血管の拡張や、ミトコンドリアの低下機能を正常に働かせるために必要な大麦発酵GABA・ビタミンB2・マグネシウムも含まれていて、これらが一体となって有効に働きかけてくれるようですね。

 

ぶり返す偏頭痛に悩んでいる場合は割と効果が実感できるのでこの市販薬がおすすめです。

 

<薬局で買える有名市販薬・EVE QUICK頭痛薬>

 

上記で紹介したズツノンは長期的に体に負担が少なく偏頭痛対策をする事が出来るハーブ系市販薬でしたが、EVE QUICKは即効性のある偏頭痛に効く市販薬です。

 

偏頭痛に悩まされている人はそれぞれ自分に一番合うと感じている頭痛薬に頼っている事が多いと思われますが、EVE QUICKは頭痛がひどくなる前に早めに飲んでおくと悪化を防ぐ事ができます。

 

かなり即効性が見込めるので、偏頭痛を持つ人達の間でも愛用者が多いようです。しかしこちらはズツノンと違って一時的なケアしか出来ないので、どうしてもという時のために常備薬として持ち歩いています。

 

<色々な痛みに効くロキソニンS>

 

ロキソニンは偏頭痛だけではなく色々な痛みに効く市販薬です。急な歯痛の時にも痛みを鎮める効果が高いので、市販薬の中では最終手段的な位置付けの薬だと思います。他の薬でどうしても効かない時はこれを飲むと大抵の痛みは治まります。

 

しかもロキソニンSは飲んでも眠気が起きないので、仕事や運転が必要な時に便利ですね。ただ、4時間ごとに飲まなければならない事とそれなりに副作用が強い事でも知られています。

 

強い痛みにも効く一方で、連続してすぐに服用する事が出来ないのでそこが唯一のデメリットです。

 

<病院で処方してもらえる頭痛薬でおすすめは?>

 

ひどい偏頭痛で苦しんでいる場合は病院を受診する人も多いです。市販薬よりも病院の薬の方が効果が高い事が多く、頭痛によく効く事もあります。こちらでは病院で処方される薬の一部を見ていきたいと思います。

 

<イミグラン点鼻薬>

 

イミグラン点鼻薬は頭蓋内外の血管の拡張を抑制し、頭痛による頭部の炎症を解消する事が目的の薬です。偏頭痛の原因を解消しつつ症状を緩和へと導いていきます。

 

偏頭痛に効く即効性のある薬でおすすめですが副作用や使用量に注意しながら用いる必要がありますし、持病がある人は医師に相談してからの使用をしなければなりません。

 

<ボルタレン>

 

痛みに効く薬は色々な種類がありますが、ボルタレン→ロキソニン→カロナールの順に効果が強いとされています。子供の場合は副作用や影響の事を考えてカロナールが処方されますが、大人の場合はロキソニンが処方される事が多いです。

 

ロキソニンはとてもよく効く痛み止めとして知られていますが、これの更に上を行く効果を発揮するのがボルタレンになります。ロキソニンでも痛みが引かないような症状や、もっと痛みを抑えたい時に処方されます。

 

ですがボルタレンを頻繁に飲んでいると効き目がなくなってくる事が多いそうです。なのであまり多用するのはおすすめできません。

 

偏頭痛などの痛みに効く薬だからといって、多用しすぎると自らの首を絞める事にもつながりかねないのがネックと言えるでしょう。