MENU

頭痛をすぐに治す|根本的に痛みをとる方法

厄介な頭痛に悩まされることありませんか?

人間誰しも経験することがある頭痛。
なんの原因かわからないけれど、急に頭が痛くなって仕事や家事が捗らなくって困った……なんて経験がアナタにもあるのではないのでしょうか?

 

天気の変わり目や、気圧の変化によって頭が痛くなることもありますが、何らかの病気によって頭痛が引き起こされることもあります。

 


厄介な頭痛を治す方法を知る前に、まずは命に関わることもある頭痛の種類と原因を知ることからはじめましょう!

 

 

知っておきたい頭痛の種類と原因

一口に「頭痛」と言ってもさまざまな種類の頭痛があることをご存知でしょうか?頭痛には大きく分けて3種類の頭痛があります。

 


【頭痛の大まかな種類】

  • 慢性的頭痛
  • 日常的に起こる頭痛
  • 危険な頭痛

 

まず、気圧の低下や何らかの病気以外の要因によって、引き起こされる「片頭痛」などの頭痛を「慢性頭痛」と呼びます。

 

次に、風邪や二日酔いなどの軽度な原因に引き起こされるモノを「日常的な頭痛」と呼び。最後にくも膜下出血や脳出血など急激に激しい痛みが現れるような病気を「危険な頭痛」と呼びます。

 

このように頭痛と言っても、その原因はさまざまですが、血圧が高い方が不意に急激な痛みがする頭痛に見舞われた際には命の危険があるので、頭痛がおさまるのを待つのではなく、急いで医療機関に受診するようにしてください。

 

また、慢性的な頭痛の中にも「いつもの片頭痛だ」「ただの頭痛だ」と思っていたら思わぬ病気のサインだったということもあるので、頭痛の症状が長く続く場合も、一度病院で精密検査をして原因をハッキリさせた方が良いかも知れません!

 

 

生活に支障をきたす「慢性的頭痛」について知ろう!

「日常的に起こる頭痛」は薬を飲んだり、症状の原因が治ったりすれば、頭痛は収まります。また「危険な頭痛」は個人で対処出来る範囲を超えており、医療機関によって然るべき治療を受けて治すべきです。

 

それでは慢性的頭痛はどうでしょう?
慢性的頭痛と呼ばれる以下の頭痛は、薬で一時的に症状を和らげることは出来ても、根本的に治すことは出来ません。

 

  • 片頭痛
  • 緊張型頭痛
  • 群発頭痛
  • 緊張型頭痛・片頭痛の混合タイプ

 

 

それぞれの頭痛の種類を見極める 微妙に異なる頭痛の種類

慢性的頭痛の中で、1番有名なのが片頭痛ですが、他にも慢性的頭痛に分類される頭痛があります。先にもご紹介した「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」「緊張型頭痛・片頭痛の混合タイプ」は慢性的頭痛ですが、それぞれその痛みや症状が異なります。

 

 

片頭痛の症状と対処法


【症状】

  • 「ズッキン、ズッキン」と波打つような強い痛み

  • 身体を動かすと痛みが頭に響く
  • 頭痛の全長として光が見えることがある

頻度:月に1〜2回

 

【対処法】

  • こめかみを冷やす
  • こめかみを抑えるく

頭の片側にのみ起こることが多い頭痛を片頭痛と呼びます。脈拍に合わせて「ズッキン、ズッキン」と痛む特徴があります。

 

痛みの頻度は人それぞれ。月に1〜2回の人もいれば、週に1〜2回以上あるという人もいます。痛みの程度も人によって異なりますが、痛みがひどい場合には動くことが出来ず、寝込んでしまうほど。

 

また片頭痛が起きる前兆として目の前に、光が表れることもあります。

 

対処方として、広がってしまった血管を狭めるためにこめかみ部分を冷やしたり、こめかみを押さえたりして血流を阻害すると良いでしょう。

 

 

緊張型頭痛の症状と対処法


【症状】

  • 後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重苦しい痛み

  • 首や肩のコリ
  • 軽いめまい

頻度:毎日のように朝から晩まで鈍い痛みが続く、パソコンを使った後に痛む

 

【対処法】

  • こめかみを冷やす
  • こめかみを抑えるく

首や肩こりをともなる人が多い頭痛が「緊張型頭痛」です。
後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重苦しい痛みを伴うの特徴です。

 

人によっては毎日のように朝から晩まで鈍い痛みが続くことも。
また、頭痛だけでなく軽いめまいを伴うこともあります。

 

ちなみにパスコンを使った後に鈍く痛むこともあるようです。

 

デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けてしまうと、緊張型頭痛が起きやすいようです。そのため対処法として、首や肩周辺を温めて血流を良くしたり、首、肩を回したりすることで筋肉の緊張がほぐれ、症状がやわらぐ場合があります。

 

 

群発頭痛の症状と対処法


【症状】

  • 目をえぐられるような痛み激しい痛み

頻度:1〜2ヶ月間続き、同じ時間に1〜2時間痛み続ける

 

【対処法】

  • 規則正しい生活を心がける
  • 飲酒や喫煙を控える

女性よりも男性が多い頭痛で、実際にこの「群発頭痛」で苦しまれる方はおあまり多くはありません。

 

その原因は内頸動脈が拡張して炎症が起きるためではないかと考えられていますが、やはり他の頭痛と同じくその原因はハッキリしておはおりません。

 

この頭痛の痛みは激しく「目をえぐられるような痛み」と表現されることがあります。

 

この頭痛の症状が一度出てしまうと、1〜2ヶ月もの間、毎日のように同じ時間に1〜2時間頭痛が起き続けます。

 

あまりにも痛みが激しい場合は我慢せずに、専門医の診察を受けた方が良いかも知れません。

 

また不規則な生活が群発頭痛の原因とも考えられており、健康的な生活を心がけることが重要だとされています。

 

 

緊張型頭痛・片頭痛の混合タイプの症状と対処法

緊張型頭痛と片頭痛の両方の症状が引き起こされる人は、この「緊張型頭痛・片頭痛の混合タイプ」です。

 

後頭部を中心に頭全体を締め付けられるような重い痛みを感じ、「ズッキン、ズッキン」という強い痛みを感じるという、緊張型頭痛と片頭痛の2つの症状が同時に出る頭痛です。

 

それぞれどちらの症状が出ているのかによって、その対処法も異なります。

 

 

できれば薬を使って治したくない頭痛 どうやって治す?

これらの頭痛は、未だにその原因が判明しておらず。そのため根本的な治し方もないため、対処法として頭痛の痛みを和らげる薬しかありません。

 

ただ片頭痛等で悩んでいる人の中には、あまりにも日常的に頭痛がおこり過ぎて「薬を使って治すのは心配だ……」という方も多いではないのでしょうか?

 

やはり身体のことを考えると、頭痛は薬ではなく、自然に治したいもの。

 

それでは、そんなアナタのために片頭痛などの薬では根本的に治せない頭痛を頭痛薬を使わずに治す方法をご紹介したいと思います!

 

 

【頭痛を治す方法 その@】水を飲む

身体の中に水分が足りず、血液中の水分濃度が減少している場合は、血液がドロドロになってしまいます。ドロドロになった水分状態が続くと、血液がスムーズに流れなくなり、頭痛の原因である東武の血液の循環が悪くなってしまうことで、頭痛を引き起こしやすくなってしまいます。

 

だから頭痛が引き起こされたら、まずは水を飲むようにしましょう。コップ一杯の水でも、血流が改善されますが、出来るなら多めに水分補給をした方が良いでしょう。

 

また日常的に水を多く飲むことで、血液の流れが良くなるため、片頭痛で苦しんでいる方は、定期的に水分補給を行ない、サラサラな血液状態を保つようにしてください!

 

 

【頭痛を治す方法 そのA】お風呂に入る

頭痛の原因は、血液の流れが悪くなっていることがほとんどです。
緊張型頭痛のように肩や首の血流が悪くなって頭痛が引き起こされる場合は、お風呂に入って血流を良くすれば頭痛が解消されやすくなります。

 

お風呂に入ることで身体全身の血流が良くなり、頭痛が解消されやすくなります。

 

シャワーでも効果がありますが、できれば湯船にしっかり浸かってください。

 

 

【頭痛を治す方法 そのB】カフェインを摂取する

コーヒーや紅茶などに含まれるカフィンには、血管の収縮作用があります。頭痛がひどい時にコーヒーを一杯飲むと、頭痛の原因である頭部の血管を収縮させることが出来るため、頭痛がやわらぐことがあります。

 

しかし「頭痛が治るから」と思って、カフェインを含む飲み物を多く飲みすぎてしまうと、かえって頭痛を引き起こす原因になってしまうことがあります。

 

頭痛を治すためのカフェインですが、取り過ぎは厳禁です。頭痛を治す目的ならば、コーヒーを一杯飲む程度でOK!

 

 

【頭痛を治す方法 そのC】仮眠を取る

あまりにも頭が痛い場合は、とりあえず一旦仮眠を取りましょう。
睡眠を取ることで、頭痛の原因となっている外部からの刺激を一旦遮断することが出来ます。

 

ただし長く眠り過ぎてしまう場合は、普段と違う時間に眠ってしまったことが原因で、逆に頭痛が引き起こされてしまうことがあるので、「仮眠を取る」と言っても、あまり長い時間眠り過ぎないようにしてください。

 

頭痛がひどいからとりあえず一眠りする、というレベルならば15分程度の仮眠で十分です。仮眠をとっても頭痛が治らない場合は、他の頭痛を治す方法を試しましょう。

 

 

【頭痛を治す方法 そのD】首筋を冷やす

頭痛の原因は、頭の血管が広がってしまっているからかも知れません。
身体を温めて血流を良くすることでも、頭痛をやわらげることが出来ますが、額や首筋などを冷やすことでも、直接血管を狭めることが可能です。

 

頭痛をなるべく早く治したいと思われる方は、とりあえず濡れタオルなどを浸かって、頭部(後頭部)を冷やすようにしましょう。

 

 

【頭痛を治す方法 そのE】軽い運動をする

頭痛で苦しんでいる時に、運動をしたくはないでしょうが、頭痛の時に軽く運動することで頭痛が治る場合があります。

 

群発頭痛のように肩や首のコリが原因で頭痛が引き起こされている場合は、軽く運動をすることで、コリがほぐれ血流が良くなり頭痛が改善されることがあります。

 

運動と言っても、激しく身体を動かす必要はなく。ぐるぐると肩を回したり、頭を回したりするだけでも、十分に頭痛をやわらげる効果があるので、頭痛で身体を動かすのはおっくうでしょうが、頑張って身体を動かしてみてください。

 

 

【頭痛を治す方法 そのF】頭や首、肩をマッサージする

頭痛を治すためには、身体の血流と頭痛の原因となっている患部の血流を良くする必要があります。

 

運動をしたり、水分補給をしたり……ただ身体を動かすのが億劫で、その場から動きたくない場合は、とりあえず頭や首、肩など血流が滞りがちな部分をマッサージしてみてください。

 

肩を揉んでみたり、こめかみ部分を押してみたりするだけでも、随分頭痛の痛みがやわらぐので、運動をしたり、すぐに飲み物を準備することが出来ない通勤中などには、マッサージを試されてみてはいかがでしょうか?

 

 

【頭痛を治す方法 そのG】アロマの匂いを嗅ぐ

アロマの匂いによって頭痛が治ると聞いてピンと来ない人の方が多いでしょう。

 

しかし、アロマの香りには血流を良くし、頭痛の原因の1つであるストレスをやわらげる効果があります。

 


【頭痛に効くアロマ】

  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • ペパーミント
  • カモミール・ローマン

 

これらのアロマは局部的に血管を収縮させるため、片頭痛の痛みをやわらげる効果があります。また、アロマオイルの濃さを薄くすれば、全身の血行促進効果があるため、その他の頭痛にも効果が期待で出来ます。

 

ただし、アロマオイルの匂いが濃すぎたり、鼻が敏感たったりする人にとっては、アロマオイルの匂いが頭痛を誘発してしまう場合もあるので、アロマオイルを使用する際には低濃度の香りを嗅ぐようにしてください。

 

 

【頭痛を治す方法 そのH】頭痛に効果があるサプリメントを摂取する

頭痛を治すためには頭痛薬を飲むのも重要なことですが、頭痛薬は頭の痛みをやわらげるだけであり、頭痛を根本的に治すわけではありません。

 

しかし、頭痛に効くサプリメントは別です。
頭痛に効くサプリメントはビタミンB群など、頭痛を引き起こしにくくするとされている成分を多く含んでおり、日常的に長期に渡って摂取することで、頭痛を治すことが可能となります。

 

また、市販の頭痛薬と違ったサプリメントは副作用や依存性が低いため、薬をつかって頭痛を治したくないという人にうってつけ!

 

手頃な値段の頭痛サプリもあるので、薬を使って頭痛を治すことに抵抗がある方は、頭痛サプリを利用されてみてはいかがでしょうか?

 

 

【頭痛を治す方法 そのI】ツボを押す

こめかみ部分を押すと、頭痛がやわらぐように、実は頭痛に効果があるとされるツボが幾つかあります。

 

身体の至る所に頭痛に効果があるツボがあり、それぞれの場所と押し方に違いがあるので、ツボについては次の章でより詳しく解説して行きたいと思います。

 

 

 

頭痛に効くツボ5種 定期的に刺激して頭痛の痛みとはおさらばしよう!

頭痛に対するアプローチには、いろいろな方法がありますが、ツボならば忙しいときにも気軽に押すことが出来るし。毎日ツボを押せば、体質が改善し、頭痛になりにくい身体にすることが出来ます。

 

頭痛に効くツボとして知られているのが、以下の5つです。

 

  • 百会(びゃくえ)
  • 風池(ふうち)
  • 合谷(ごうこく)

 

それぞれのツボを頭痛が引き起こされた時に押すだけでも効果がありますが、定期的に押すことで頭痛が起きにくい身体へと体質を変えることが出来ます。

 

また、1つのツボを押すだけでなく、すべてのツボをまんべんなく押すことで、それぞれのツボの効果を高め、より頭痛をしにくい体質に近づけることが出来るので、頭痛にお悩みの方はご紹介したツボを押し続けてみてはいかがでしょうか?

 

それではそれぞれのツボの場所と、効果的な押し方をご紹介したいと思います。

 

 

【頭痛に効くツボ@】百会


【ツボの場所】

  • 頭の中央てっぺん部分

【押し方】
呼吸のリズムに合わせながら、3分間「気持が良い」と思う強さで押し続ける。

 

子どもの頃に、友だちから「下痢ツボ」と言われて頭のてっぺんのツボを押されたことがありませんか?

 

その「下痢ツボ」と呼ばれていた部分のツボが「百会」です。別にこの部分のツボを押したからと言って下痢になるワケではありません。むしろ、血行を促進させ、頭痛の痛みを抑えることが出来る身体に良いツボです。

 

頭のてっぺんの中央部分を呼吸のリズムに合わせながら、ゆっくりと気持ちいと感じる強さで3分程度押し続けましょう。

 

このツボ押しを気づいた時に、毎日行うことで頭痛の痛みが抑えられるだけでなく、鼻づまり、睡眠障害、耳鳴り・めまい、自律神経改善、低血圧などと言った症状の改善にも効果を発揮すると言われています。

 

ストレスが多く自律神経が高まりすぎて、その結果頭痛が引き起こされていると感じる女性は、百会を定期的に押すことで、頭痛だけでなく、自律神経も整えられ、頭痛の原因を根本的に消すことが出来るため、その効果をより強く感じられるかも知れませんね。

 

 

 

【頭痛に効くツボA】風池


【ツボの場所】

  • 後頭部の髪の生え際より少し上

【押し方】
百会と共に親指で、呼吸のリズムに合わせながら、3分間「気持が良い」と思う強さで押し続ける。

 

風池のツボは、自律神経の高ぶりを抑え、脳を活性化させることが出来ます。後頭部に位置するツボであり、後頭部の首の付け根、髪の生え際よりも少し上の後頭骨の下くぼみから2〜3cmほどの左右にあります。

 

風池だけを押しても効果がありますが、百会と一緒に、或いは交互に押すことで、より脳の血流がよくなるため頭痛をやわらげることが出来ます。

 

また眠くなった時にもこのツボをじっくり押すことで、脳を活性化させ目を覚ますことが出来ますよ!

 

 

【頭痛に効くツボB】合谷


【ツボの場所】

    【押し方】

  • 手の甲の人差し指と親指の骨の合流部分よりやや人差し指側のくぼみ

くぼみの部分に親指を入れ、じ〜んと頭の芯がしびれるぐらいの強さでツボを3秒押し、3秒離しを繰り返してください。

 

合谷は「万能のツボ」と呼ばれるツボで、頭痛以外にも色々な効果があるツボです。頭痛、蓄膿症、花粉症、難聴、耳鳴り、腫れもの、にきび、吹き出もの、アトピーなどなどツボを押すことでさまざまな症状に効果があります。

 

そんな合谷のツボは、両手の甲の部分にあります。
人差し指と親指の骨の合流部分、2本の骨の合流部分やや人差し指側のくぼみの、やや人差し指側に「合谷」というツボがあります。

 

実際に指で人差し指と親指の骨の合流部分を触ってみればわかりますが、ツボの部分を触ればじ〜んとしびれるので、どこに合谷のツボがあるかどうかがすぐに判るでしょう。

 

この合谷の部分に親指を入れ、じ〜んと頭の芯がしびれるぐらいの力で押すと効果的です。また、親指と人差指で合谷部分をはさみながら押すという方法もあります。

 

どちらの押し方でも効果はありますが、より効果を高めたいのなら、3秒押して、3秒離すという押し方がおすすめです。

 

 

頭痛を治すのではなく、頭痛になりにくくする。知っておきたい頭痛の予防法

ツボや頭痛に対する対処法を実践するのも頭痛を治すためには大切ですが、根本的に頭痛が起きにくいように、頭痛を予防することも大切です。実は頭痛で悩まれている方の中には、生活習慣の乱れが原因の可能性もあるのです。本当の意味で頭痛を治すためにも、頭痛にならない予防を事前にするべきでしょう!

 

体質によって頭痛が引き起こされやすい人や、何らかの刺激によって頭痛が引き起こされやすい人など、頭痛の原因は人によって異なりますが、これらの頭痛予防法を実践すれば、そういった方でも頭痛で苦しむリスクを減らすことが出来るので、出来る範囲で構いませんが、極力ご紹介した予防法は実践するようにしてください。

 

それでは、頭痛の10の予防法をご紹介させて頂きます!

 

【頭痛予防@】頭痛の予防薬を摂取する

あまりにも頭痛がひどくって、月に2回以上も片頭痛が発生してしまう、というときには医師から「急性期治療薬」を処方される場合があります。

 

できれば薬に頼りたくない気持もわかりますが、生活の質を頭痛によって落とさないためにも、選択肢の1つとして頭痛を予防することが出来る薬の存在は知っておくべきでしょう。

 

ただし、頭痛予防薬は頭痛発作の回数を減らしたり、発作時の痛みの程度を軽くしたりすることは出来るものの「完全に頭痛が起こらなくなる」というわけではありません。薬を飲んでいても、頭痛は起きてしまいます。

 

また頭痛の予防薬を摂取する際には、毎日継続して飲み続けなければならない、というデメリットもあります。

 

そういった薬を利用する際のデメリットが気になる方は、頭痛の発生を抑えるサプリメントもあるので、薬ではなく、サプリメントを利用するという方法もありますよ!

 

 

【頭痛予防A】食事のリズムと栄養バランスに注意する

かき氷を食べて頭痛がする――ということはありますが、基本的に頭痛をもたらす食物はありません。一部書籍では、チョコレートやチーズ、ハムやソーセージ、サラミなどで頭痛が起こると書かれていることもありますが、日常的に摂取するわけでないのなら、そこまで神経質に気にする必要はないでしょう。

 

ただ「肉だけ」「油ものをよく食べる」のように、栄養バランスが偏っている場合は、頭痛の原因になる場合があるので、肉も野菜も魚も、いろいろなモノをバランス良く摂取して、食生活を整えるようにしてください。

 

また、あまり知られていませんが、空腹時には頭痛が起こりやすいので、極力空腹時間を作らずに、規則正しい食事のリズムを守って頭痛を予防してください。

 

 

【頭痛予防B】睡眠はバランス良く!

「頭が痛いから」と横になるのは良いですが、眠ってしまって、眠り過ぎてしまうと、逆に頭痛を引き起こしてしまう原因になってしまう場合があります。

 

それなら睡眠時間を抑えれば良いのか、と言えばそうではなく、寝不足も頭痛の原因となってしまう場合があるので、寝すぎず、寝不足にならず、適度な睡眠時間になるように、睡眠を取って頭痛を予防しましょう。

 

 

【頭痛予防C】ストレスを溜め込まない

頭痛の原因になっている事柄の1つに、ストレスがあります。私たちはストレスによって知らないうちにさまざまな影響を受けており、精神的なストレスがかかり過ぎてしまうと、頭痛を引き起こす原因となってしまう場合があります。

 

仕事でのストレス、家庭でのトラブル、対人関係などなど、さまざまなストレスが要因となって頭痛を引き起こしてしまうので、定期的にストレスを発散することが出来る事柄を見つけて、ストレスを溜め込まないようにするのも頭痛を予防するために大切なことですよ!

 

 

【頭痛予防D】適度な運動をする

ストレス発散のためには、運動も効果的です。また運動をすることで、血流が良くなり、頭痛の原因となる首や肩のコリをほぐすことが出来るようになります。

 

わざわざ頭痛を予防するために、ハードな運動をする必要はありませんが、それでも健康のためにも定期的に運動をして、ストレスを発散させ、血流を良くし、頭痛が起こりにくい身体へと変えて行きましょう。

 

 

【頭痛予防E】人混みを避ける

頭痛持ちの方は、ちょっとした刺激が引き金となって、頭痛を引き起こしてしまうことがあります。

 

人がたくさんいるゴミゴミとした場所では、騒音がしたり、空気がこもっていたり、さまざまな匂いが混ざりあって、気分が悪くなることがあります。これらの要因が引き金となり、頭痛が誘発されてしまうことがあるので、頭痛が慢性的に起こりやすい方は、外出時は極力人混みを避けた方が良いでしょう。

 

どうしても人が多い場所に出かけなければならない時には、マスクをして外からの刺激を減らして、頭痛を起こしにくくすることをおすすめします。

 

 

【頭痛予防F】強い光を避ける

頭痛の原因は人によって異なりますが、強い太陽の日差しや、強い照明の光が原因となって頭痛が引き起こされる場合があります。

 

これは太陽光によって、血管が収縮と拡張することによって引き起こされるメカニズムが原因です。太陽光による頭痛を避けるためにも、強い光が当たるところを避ける必要があります。

 

また、太陽の光が目に入ることによって、頭痛が引き起こされる場合もあるので、日差しが強い火はサングラスをかけて日差しから目を守るようにしましょう。

 

 

【頭痛予防G】熱いお風呂やサウナを避ける

お風呂に入ることで、血行が良くなり頭痛が解消されることがありますが、お湯の温度が熱い場合は逆に脳の血管が拡張してしまうため、頭痛が起こりやすくなってしまいます。

 

だから、頭痛持ちの方は熱いお風呂やサウナは避けた方が良いでしょう。

 

慢性的な片頭痛などで悩まされている場合は、熱すぎない36度前後のお湯に浸かるようにしてください。

 

 

【頭痛予防H】メガネの度を調整する

メガネをかけている人が頭痛になる場合は、マレにメガネの度数が自分の視力と合っていないために、頭痛が引き起こされる場合があります。

 

目から入る情報は膨大ですが、メガネの度数が自分の視力と合っていない場合は、脳からすれば景色が歪んで見えることがあるため、それが原因で頭痛が引き起こされてしまうことがあります。

 

コンタクトの時は頭痛がしないけれど、メガネになると頭が痛くなる、という方は一度メガネの度数と自分の視力が合っているかどうかを確認してみた方が良いかも知れません。

 

 

【頭痛予防I】アルコールを控える

頭痛が慢性的に引き起こされる方の中には、アルコールが頭痛の引き金になっていることが少なくありません。お酒は「百薬の長」とも言いますが、飲み過ぎは身体に悪く頭痛を引き起こす原因になることもしばしば……。

 

アルコールによって頭痛が生じる人の場合は、アルコールを「毒」として身体が強く認識してしまい、その結果、アルコールを身体の外へと排出しようとする際に、血管を拡張させてしまいます。

 

アルコールを外へと排出しようとする際に、血管が拡張されることで、脳が圧迫され頭痛が引き起こされてしまうのです。

 

ただ付き合いの場などでどうしてもお酒を飲まなければならない時もありますので、そういった場合は極力摂取するアルコールの量を減らし、体内のアルコール濃度を減らすために、水を多く飲み、トイレに行くなどして頭痛が起きないように工夫する必要があります。

 

なお、二日酔いによって頭痛が生じる際にも、対処法として水を飲んだり、コーヒーを飲んだりすると二日酔いの頭痛もある程度解消されますよ!

 

 

 

自分の頭痛にあったサプリメントを選ぶという選択肢も……!

頭痛を完全に治す方法は、現代科学でも判明しておらず「頭痛の治し方を見つけたらノーベル賞が取れる」とすら言われています。それぐらい頭痛という症状に関しては謎が多いのです。

 

頭痛の原因も人それぞれで、ご紹介した頭痛の治し方の全ての方法が、全ての人に効果があるわけではなく、人それぞれ頭痛を治す方法に違いがあります。もちろん、それは頭痛を治す方法だけでなく、頭痛に対する対処法もそうですし、予防法もそうです。

 

頭痛という症状には個人差が大きいので、「この方法が駄目だったら、次はあの方法をやってみよう」と自分で試行錯誤を繰り返し、自分にあった頭痛の治し方を見つけるのが重要です。

 

しかし、だからと行って頭痛を治すために、日常的に頭痛薬を飲んでしまうと「薬がなければ頭痛が治らない」という悪循環に陥ってしまう場合があります。薬は頭痛の対処法としては即効性はあるものの、薬による副作用は恐いモノがあるので、できれば薬ではなく、日常的なサプリメントの摂取によって頭痛を減らすことをおすすめします。

 

最近では、頭痛を治すためのサプリメントというのも、さまざまなモノが販売されています。ご紹介した対処法だけでは、「どうしても頭痛が良くならない」とお悩みの方は、薬よりも気軽に頭痛に対処出来る方法として、サプリメントを摂取されてみてはいかがでしょうか?

 

もしかすると、サプリメントを毎日の生活の中に取り入れることによって、アナタの頭痛が減り、生活が豊かになって行きたかったこと、ヤリたかったことが出来るようになるかも知れません!