MENU

チルカ カブレットの特徴と副作用

チルカ カブレットは市販されている頭痛薬のひとつで、即効性があり解熱や腫れを抑える効果のあるイブプロフェン系にあたります。大抵の頭痛薬はエテンザミドやカフェイン水和物、ブロムワレリル尿素などが複数配合されているのですが、このチルカ カブレットにはイブプロフェンのみが配合され、他の成分が一切使用されていないのが特徴です。イブプロフェンは発熱や炎症を起こす原因となるプロスタグランジンの生成を抑え、頭痛や肩こり、歯痛、関節痛など痛みを伴う幅広い症状に対応できる成分です。高い解熱作用と鎮痛作用を持ち、副作用は少なく即効性があることからスイッチOTCとして市販薬で使用されています。適応症は頭痛以外にも月経痛や様々な痛みを伴う症状に利用でき、発熱時の解熱剤としても使うことができるようになっています。とはいえ、単純に一過性の頭痛にのみ対応していて、血管が拡張することで神経を刺激して起こす偏頭痛には効果がありません。適応症は幅広いとは言え、全ての頭痛には対応しきれていないので、飲んで確実に治せるというわけでないのです。使用する前に自身の症状を確認して、鎮静効果があるかどうかを理解して飲むことが重要になります。対応する年齢は15歳以上となっていて、それ以下の年代で使用することはできません。服用量は1回1錠で済むので、錠剤を飲むのが苦手という人でも比較的飲みやすくなっています。副作用にはイブプロフェン特有の吐き気や嘔吐、胃痛といった胃腸障害が出るので、服用はなるべく食後に行うようにしましょう。1日3回の服用が可能ですが、連続して飲む場合は最低でも4時間以上は空けなければいけません。その他の副作用として軽度のめまいや肝機能障害、さらに重篤なものには神経症状やぜんそく発作などが挙げられます。副作用の頻度としてはごく稀なことなので、ほとんど気にする必要はありませんが、アレルギー体質やもともと喘息気味の人は服用に十分に注意しましょう。