頭痛薬おすすめ

MENU

イブプロフェン系とは

イブプロフェンは頭痛薬に使用される成分の名称で、主に使用されているものにイブ、ナロンエース、ノーシンピュアなどがあります。似たような成分にアスピリンやロキソニンがあり、もとは医療用に開発された成分ですが、強い解熱作用と鎮痛作用を持ちながら、即効性があるのに対し、副作用を大きく抑えたことからスイッチOTCとして市販薬に指定されています。分類は第二類医薬品として販売され、近くの薬局などでも購入することが可能です。非ステロイド抗炎症薬として、全身の様々な痛みを伴う症状に使用できますが、解熱作用も有しているため風邪による熱や喉の痛みなどにも利用することが可能です。炎症や発熱を起こす原因はプロスタグランジンと呼ばれる物質が関与しており、組織が損傷を受けた際に体内に発生する合成酵素シクロオキシゲナーゼが働いてプロスタグランジンが生成されます。そこでイブプロフェンは体内で生成されるプロスタグランジンを阻害し、物質による疼痛などの痛みを伴う症状を抑えるのが主な作用となります。解熱作用よりも抗炎症作用のほうが強く、腫れを伴う痛みに有効であることから、捻挫や打撲、歯痛、関節の痛みなどに広く利用されます。市販薬としては頭痛薬で販売されていますが、その他にも生理痛など広い症状に対応するため、最近では単純に鎮痛剤として用いられることが多いようです。また、即効性があるため偏頭痛にも使用されることがありますが、作用機序から痛みを和らげることは出来ても偏頭痛自体には効果はありません。イブプロフェン配合の頭痛薬は大抵が市販薬で販売されているので、副作用が少ないことは理解できているかと思いますが、全てにおいて作用がないというわけではありません。胃腸障害が頻繁に起こりやすく、頭痛やめまいなども起こるリスクがあります。また、神経症状やぜんそくといった副作用のリスクもあるので、使用する際には十分に注意する必要があります。