ノーシン錠の特徴と副作用

MENU

ノーシン錠の特徴と副作用

ノーシン錠頭痛薬は頭痛だけではなく、歯痛や生理痛、神経痛にねんざ痛といったあらゆる痛みに効果がある薬です。
また解熱効果もあるので発熱や悪寒に発生する熱にも適しています。

 

ノーシンの特徴は?

 

こうした面も特徴といえますが、ノーシン錠頭痛薬だけの特徴を挙げるなら三つあります。

 

まず一つ目の特徴は眠くなる成分が配合されていないことです。
通常、頭痛薬には眠気を誘う成分が含まれているケースが多いので仕事中や車の運転をする場合の服用は注意点として説明書などに書かれます。

 

しかしノーシン錠頭痛薬は配合しないどころか、頭痛を緩和させる効果があるカフェインを配合しているので眠気をおよぼす心配がありません。

 

二つ目の特徴は即効性。
これは元々ノーシン錠頭痛薬が服用後すぐに錠剤が崩れ、痛みに効果がある有効成分が素早く吸収されるように設計されているためです。そのため服用したら、すぐに症状が改善されことになります。

 

そして三つ目の特徴は胃に優しいことです。
一般的には速効性のある薬は強力な成分を使っているので胃が荒れる場合が多いのですが、ノーシン錠頭痛薬には胃を荒らす成分が含まれていません。結果、胃を保護する薬を服用せずに済むというわけです。

 

ノーシンの副作用について

 

しかしどんなに服用者のことを配慮して配合されたとはいえ、薬は薬。
ノーシン錠頭痛薬にも副作用はあります。

 

ノーシン錠頭痛薬の主な副作用は発疹やかゆみといった皮膚の異常、吐き気や食欲不振など消化器官の変調、
それから目眩や過度な体温低下となります。

 

そして重篤な副作用であれば、もっと酷くなります。意識が混濁するほどのアナフィラキシーや唇までただれてしまう急性汎発性発疹性膿疱症、さらに皮膚や白目が黄色くなることで知られている黄疸を引き起こす肝機能障害、全身をむくませる腎障害、呼吸の異常が続く間質性肺炎、息苦しさを感じさせるぜんそくが挙げられます。

 

こうなったら説明書の指示にしたがって服用を止め、医師に相談するのがベストです。

 

ノーシン効果が無い、効果が無くなってきた

どんな薬でも、服用を続けていると効果や効き目が無くなってくるもしくは
弱くなってくるという事があります。

 

薬は痛みの根本的な原因を治療するものではなく、痛みを抑えるものだからです。

 

頭痛が継続する様であれば、病院や内科クリニックなどでの受診には行った方が良いのですが
体質改善を図るのであれば、

 

サプリメントもおすすめです。

 

最近では、慢性的な頭痛、偏頭痛を持っている人の体質改善を目的とした専用の
サプリメントが人気です

 

>>頭痛持ちに人気のサプリメント<<