MENU

タイレノールAの特徴と副作用

頭痛薬の多くは、空腹時に飲むことができません。
空腹時に飲むと、胃に悪影響を及ぼすことがあるためです。
しかし、本当に頭痛などの痛みに苦しんでいる時には食欲が出ず、何か食べたり、牛乳を飲んだりすることができない人も多くいます。
そんなときでも飲むことができる頭痛薬が、タイレノールA頭痛薬です。
このお薬の主成分は、アセトアミノフェンです。
アセトアミノフェンは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中でもアスピリン喘息が起こりにくいと言われている特徴があります。
そのほか、他のNSAIDsで起こりやすい副作用の胃、血液、腎臓への悪影響が少なく、眠気や興奮状態も起こりにくいと言われています。
それを踏まえ、妊娠されている方への頭痛薬として選択されるのもアセトアミノフェンです。
小さなお子さんに使われることもあります。
脳の中枢に作用して、痛みを鎮めるタイプのお薬です。
頭痛だけではなく、生理痛、歯痛、咽頭痛、関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛など、あらゆる痛みに対して適応とされます。
抗炎症作用も他のNSAIDsよりはおとりますが、ありますので、軽い発熱・悪寒の解熱にも効果があります。
副作用の少ないと言われているアセトアミノフェンのお薬ですが、以下の副作用が報告されています。
・皮膚症状
(発疹・発赤、かゆみ)
・消化器症状

(吐き気・おう吐、食欲不振)
・精神神経系症状
(めまい)
・その他の症状
(過度の体温低下)
ごくまれに、アナフィラキシーショックや、激しい皮膚症状を呈するスティーブンス・ジョンソン症候群などのショック症状を起こすことがあります。
薬局で購入するときには必ず、薬剤師に相談しましょう。
また、飲んでも痛みが改善されない場合や、飲んだ後に気になる症状が出た方は、早急に医療機関を受診してください。
タイレノールA頭痛薬は、適切に使用すれば、からだに負担がかからずに煩わしい痛みから解放してくれる素晴らしいお薬です。
正しく使用して、健やかな生活を送りましょう。