市販頭痛薬おすすめ 新セデス

MENU

新セデス錠の特徴と副作用

新セデス錠は効き目が早く胃にもやさしい非ピリン系の頭痛薬です。4種類の有効成分が配合された解熱鎮痛薬です。胃の中で早く溶け出すように作られているため薬の効き目が早い事が特長です。頭痛や歯痛、生理痛、神経痛、肩こり、腰痛等のほか悪寒や発熱時の解熱剤として使われている市販薬です。有効成分のアセトアミノフェンとエテンザミドが熱を下げ痛みを和らげる効果があります。悪寒や発熱時の解熱効果もある頭痛薬です。新セデス錠は副作用の少ない薬です。使用する時は服用法を守り使用する事が大切です。15歳以上の成人は1回2錠1日3回を限度として服用する事が定められています。服用はお湯や水で空腹時を避けて服用します。継続して服用する場合には4時間以上あける事が必要です。服用後に眠けを感じる事はあります。医師や歯科医師の治療を受けている人や妊娠中、妊娠している可能性のある人、インフルエンザや水ぼうそうにかかっている可能性のある人、高齢者、薬によるアレルギーがある人、心臓病や肝臓病、腎臓病などの人は服用前に医師や薬剤師に相談する事が大事です。服用後に発疹やかゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまい、過度の体温低下などは副作用の可能性が高いので服用を中止して医師や薬剤師に相談する事が必要です。アナフィラキシーショックや皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、腎障害、間質性肺炎、喘息などの重篤な症状が出る事もありますからその場合はすぐに中止して医師の診断を受ける必要があります。日常生活で痛みを我慢するよりは薬を服用する事で生活に支障をきたさないようにすることは必要ですが解熱鎮痛薬は痛みを和らげるための薬です。継続して服用しても基本的には症状の原因となる病気を治す事はできません。長い期間の服用はしてはいけない薬です。しばらく服用しても症状が改善されない場合には医療機関を受診して医師の診断を受ける事が必要です。