MENU

エキセドリンA錠の特徴と副作用

皆さんはエキセドリンA錠頭痛薬を御存知でしょうか。主に頭痛や肩こり、歯痛の症状に優れた効果を発揮する、第二類医薬品の中の一つです。優れた効き目で辛い痛みやにも即効性のある解熱鎮痛薬として市販されています。特徴としては、特に鎮痛効果の高い「アセチルサリチル酸」と「アセトアミノフェン」を配合し、さらにその効果を助ける「無水カフェイン」を加え、頭痛の他にもさまざまな症状に素早い効果を発揮します。また、眠くなる成分も入っていない為、安心して使用ができます。使用上の注意点として、エキセドリンA錠頭痛薬を使用してアレルギー症状を起こしたことのある方や、他の解熱鎮痛剤やかぜ薬などでぜんそくを起こしたことのある方は、服用できませんので注意が必要です。また15歳未満の小児や、出産予定日12週以内の妊婦の方も使用できませんので注意が必要です。また他の解熱鎮痛剤との併用や服用前後の飲酒、長期的に継続して服用することも避けなければなりません。現在、医師治療を受けられている方や、歯の治療を受けられている方、妊娠している可能性のある方などは服用前に必ず、医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談するべきでしょう。なお、エキセドリンA錠頭痛薬の副作用に関してですが、例えば服用後に皮膚のかゆみや、発疹、発赤などが現れたり、吐き気やおう吐、食欲不振などの消化器に症状が現れたりすることもあります。その中でも特に重篤な症状としていわゆるアナフィラキシ―ショック(服用直後に皮膚のかゆみやじんましん、動悸や息苦しさなどを感じたりする)やスティーブンス・ジョンソン症候群(高熱や目の充血、のどの痛みの他、赤くなった皮膚上に小さなブツブツができ、全身のだるさが出る)などが現れることもあります。肝機能障害やぜんそくなど他にも危険な症状がありますが、いずれの症状が出た場合でも必ず服用を中止し、すぐに医師の診療を受けるべきでしょう。エキセドリンA錠頭痛薬は非常に効果のある頭痛薬ではありますが、取り扱いには十分注意して服用しましょう。