イブA錠の特徴と副作用

MENU

イブA錠の特徴と副作用

イブA錠はエスエス製薬から販売される頭痛薬で、フィルムコーティングされた小粒の錠剤が特徴の飲み薬です。痛みや熱に素早く効果をあらわすイブプロフェンに、さらに鎮痛や解熱効果のあるアリルイソプロピルアセチル尿素と、血管の収縮作用によって偏頭痛にも効果的な無水カフェインを配合しています。頭痛薬というよりも鎮痛剤としての使用目的が多いためか、生理痛で使用する女性が多い印象が強いのがイブA錠です。錠剤は小粒で飲みやすく、錠剤を飲むと喉に詰まったような間隔がして苦手という人でも飲みやすいことから、使い勝手が良く幅広い層で支持されています。痛みを伝達する物質であるプロスタグランジンの働きを阻害して生成を抑えることで、痛みを感じる前にブロックします。主な効果効能に生理痛、頭痛、歯痛、筋肉痛、関節痛など痛みを伴うありとあらゆる症状に対応します。無水カフェインによって偏頭痛の痛みを抑えることも可能なので、頭痛による痛みは大抵の場合は抑えることができるようです。また、解熱作用を有しているので、風邪などの病気による発熱を静めることも可能です。服用できるのは15歳以上から、1回2錠を服用し1日3回まで投与することができます。15歳未満の人には使用できないので、子供の頭痛や鎮痛作用を求める場合は、別の薬を服用することになります。副作用は比較的少ないですが、イブプロフェンが生成を抑えるプロスタグランジンは胃壁を守る粘液の分泌にも関わっているため、頭痛薬ではお馴染みとなる嘔吐や吐き気、胃痛などの胃腸障害があらわれることがあります。その他にも軽度な症状としてめまい、動悸、息切れ、倦怠感、睡眠障害などが起こる可能性があり、眠れないと不眠によって頭痛が発生するといった問題も起こり得ます。また、重篤な場合には肝腎障害、ぜんそく、再生不良性貧血などが起こることもあるので、服用して異変が感じられたらすぐに使用を中断し、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。