リングアイビージェルカプセルの特徴と副作用

MENU

リングアイビージェルカプセルの特徴と副作用

頭痛は万人の悩みと言っていいほど身近なもので、成年ならば今まで頭痛になったことない、という方はほとんどいないほどのものです。そして原因が分かりにくく、なかなか根治させるのが難しい痛みでもあります。そうなると、頼りになるのは頭痛薬です。普段から頭痛持ちの方にとっては、頭痛薬は無くてはならない存在でしょう。
そんな一般的で誰しも悩む頭痛ですから、もちろん痛みを抑える頭痛薬は様々な薬品メーカーから本当に多くの種類のものが販売されています。そしてどの商品もそれぞれに独自の特徴を謳ってはいます。どれを買うか、迷われる方もいるかもしれません。そんな時に頭痛薬ごとの特徴を知っておけば、どれを選んだら良いかの手がかりになるでしょう。
今回はそんな頭痛薬の中でも、リングアイビージェルカプセル頭痛薬の特徴と副作用を紹介します。このリングアイビージェルカプセルの最大の特徴は、名前にある通りジェルカプセルであることです。カプセルの中身が液体になっているので、吸収がよく、速く効くのです。痛みが酷く我慢するのが難しい方や、すぐに効果を出すことが必要な方にはぴったりですね。ちなみに成分は痛みや発熱に効果をあらわすイブプロフェンとなっています。またカプセルそのものもかなり小さいサイズですので、錠剤などを飲みこみにくい、という方でも飲みやすいものとなっています。他には、眠くなる成分は入っていませんので、デスクワークや運転をする方にもおすすめです。
一方副作用には、皮膚の発疹、かゆみがあり、他には胃痛など消化器系の不調、その他には動悸やめまいなどがあります。これらの症状が出た場合には、すぐに服用を中止して薬剤師や医師に相談することが必要です。また、ごくまれにですがアナフィラキシーショック、肝機能障害、腎障害、無菌性髄膜炎、ぜんそく、貧血などの症状が出ることもあります。こういった症状が出た場合にはすぐに医師の診察を受けるようにしてください。